ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サバのペンケースって、なんだ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月29日(日)、東京国際フォーラムで「第21回文房具アイデアコンテスト」が開催され、「ととのえる」をテーマに応募総数3963点(一般部門2646点、ジュニア部門1317点)の中から厳正なる審査の結果、計20点の受賞作品が選出された。

一般部門グランプリには、小池峻さん、紙谷彩さん、松井健朗さん考案の形がととのう練り消しゴム『RAKUGAN』が、ジュニア部門グランプリには、齋藤にこさん考案の『ぼたべたやっつけのり』が輝いた。

しかし、ニッチー!編集部が注目したのは、ジュニア部門優秀賞のA部門賞を受賞した「サバのペンケース」。・・・そう、煮ても焼いても美味しい、あのサバである。この「サバのペンケース」を考案したのは、髙谷春菜さんという女の子。髙谷さんいわく「テスト前などは好きな物を見たりすると集中できるそうです。サバが大好きで常にいっしょに居たい人にオススメです。」とのこと。

“サバが大好きで常に一緒にいたい人”をターゲットにしたニッチ感、多くの食材の中からあえてサバを選んだセンス、素晴らしい!の一言である。そして、商品説明をよく見てみると、胴体の部分は「塩焼きver.」「刺身ver.」「味噌煮ver.」の3種類あり、ペンケースを開けるジッパーは包丁型になっている。さらに、「塩焼きver.」を開けると塩焼きの香りが楽しめるというオマケ付き。この子は、天才だと思う。もはや、尻尾に消しゴムが入るとか、どうでもいい(笑)。

それから、そんなペンケースを実際に作ってしまうサンスターさん、大好きです!商品化の可能性は、はたしてあるのだろうか・・・?
公式ホームページ:http://www.sun-star-st.jp/news/61/21th_prize.html

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】6月1日に衣替えをする理由は?
35歳以上の女は2%しか結婚できない!?に隠された数字のからくり
ニコ超に来ていた美少女レイヤーさんにインタビュー!めーてるさん!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP