体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人間が辛い労働から解放される日はくるけれど…」最強将棋ソフトPonanza開発者、山本一成が語るAIと仕事の未来とは

f:id:tyo-press:20160515220246j:plain

店頭で接客するロボット、AI(人工知能)によるSNSアカウント運用、そして囲碁ソフトがプロの囲碁棋士に初めての勝利。AIの進化は、日々加速しています。

今回は、人間と将棋ソフトが対決する電王戦で史上初めてプロ棋士に勝利し、最強と謳われる将棋ソフトPonanzaの開発者である山本一成さんにインタビュー。

遠くない未来、コンピューターが人間を支配する世界が訪れるのでは……とSF映画のような話が飛び出すかと思いきや、AIには思いもよらない弱点があることが判明!?

「いずれ機械が人の仕事を奪う」という声も多いなか、コンピューターと人間が共存していく未来の展望についても伺いました。

「人間は知っていることをコンピューターに教えられない」という発見

ーまず、将棋ソフトを開発したきっかけからお伺いできますか?

東京大学に進学後、それこそ漫画「デスノート」に出てくるような天才がゴロゴロいると思っていたのに意外と普通の人ばかりで、少し幻滅していたんです(笑)。それで他に熱中していたことが無かったということもあり、「これからはパソコンとかできないとダメなんじゃないか」「パソコンといえばプログラミングじゃないか」と単純に考えたことがきっかけでした。

いまから10年以上前のことで、周囲にもプログラミングをしている人はほとんどいなくて、学校の授業でも触れないという状況。僕自身も全く知識が無いなか「初めてのC言語」みたいな入門書を見ながら始めました。

f:id:tyo-press:20160515220221j:plain

プログラミングの勉強していくうちに「探索問題」という数読パズルのように空欄に当てはまる答えを順番に探していくアルゴリズムがあるのを知って、それがとても将棋に似ているなと思ったんです。将棋には少し腕に覚えがあって段も持っているので、「自分の知識を覚えさせれば強いプログラムが出来るに違いない」と思い、初めてソフトを開発したのですが、びっくりするほど弱いソフトができたんですよ。「コンピューターは計算が得意なはずなのに、こんなに弱いソフトができてしまうのか」と非常に衝撃的でした。そこからですね、ソフト開発にのめり込んでいったのは。

ー面白いですね。なぜ将棋ソフトの強さと山本さんの知識量が結びつかなかったのでしょう?

自分の知識をプログラムに落としこむことが出来なかったんです。これは今のAI技術が抱える問題でもあると思います。

みんな言葉を話せるし、翻訳できる人はいっぱいいます。だけどコンピューター上で完璧な翻訳は、まだできていないですよね。単語の意味は全てインプットされているにも関わらず。つまり、人間は分かっていることをプログラミングに書くこと非常に困難なんです。知っていることを言語化するのはそんなに簡単なことじゃない……というか、ほとんどできないですね。

f:id:tyo-press:20160515220238j:plain

言葉に出来ないことを、プレイヤーはどうやって行っているんだと思われるかもしれませんが、例えば、あなたはどうやって足を動かして走っていますか?…って言葉だけで説明できませんよね。ですから「知っていることは言葉に出来ないんだ」という発見がそもそものスタートでした。

ーその後、現在のPonanzaはどのように生まれたんでしょうか?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。