ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堀江貴文×田原総一朗「今なら、中学校にも行かない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEが今注目するさまざまなトピックをお届けする日曜22時の番組「J-WAVE SELECTION」。最終日曜は、VERBALのナビゲートで「INNOVATION WORLD」をお届けしています。

5月14日に筑波大学で開催された、番組発の「INNOVATION WORLD FESTA 2016 Supported by CHINTAI」、通称“イノフェス”。日本を代表する各界のイノベーターと、最先端のベンチャー企業、そしてイノベーティブなアーティスト達が集まったイベントです。5月29日(日)は、興奮冷めやらないその模様をオンエアしました。

会場では、ベンチャー企業のブースやテクノロジー体験コーナーも多くあり、バーチャル・リアリティ体験をするお客さんもいたそうです。

“テクノロジー×音楽”というテーマで、ステージではさまざまなアーティストが、テクノロジーを駆使したパフォーマンスを披露。藍井エイルさんは、ジェスチャーで音を奏でる「KAGURA」を使ってライブ。酸欠少女さユりさんは、筑波大学メディアアートチームとのコラボレーションで映像を駆使したライブを披露しました。

m-floは、普段から曲作りに使うラックトップひとつで公開レコーディング。一般公募の男女がステージに上がり即興でメロディーをつけ、VERBALも即興でラップを披露、その場で作ったとは思えないクオリティの曲ができました。

また、各界のイノベーターたちもトークセッションを繰り広げましたが、ここでは、入場規制がかかったほど人気だった、田原総一朗さんと堀江貴文さんのトークライブの模様をピックアップ。会場となった筑波大学の学生から寄せられた質問に2人が答える様子をお届けします。

2人のステージ背景のモニターには、プロジェクションマッピングを投影。この日のために制作された専用のスマホアプリを使い、お客さんの反応によって映像が変わったり、雷が落ちたりするなど、インクタラティブな仕掛けが会場を盛り上げました。

Q.田原さんにとってジャーナリストとは何ですか?
田原:僕はジャーナリストとして、才能はない。ただ一つ、好奇心があった。

堀江:好奇心を保って、人に会いに行くのとか面倒臭くないんですか?

田原:僕は何も趣味がなくて、たった一つの趣味が人に会うことなんですよ。だから、どこへ行くのも面倒臭くない。

堀江:海のものとも、山のものともわからない人たちと会うわけじゃないですか。毎回、話してて楽しいですか?

田原:どんな人間でも“楽しい”部分を持ってる。それをどう引き出せるかが勝負。

Q.2人が今、大学生だとしたら一番やりたいことは何ですか?
堀江:僕は、今だったら大学は行かないですね。だって私立大学なら、月10万円くらい払わなきゃいけないでしょ? 僕だったら、中学校も行かないかもしれない。ネットでなんか仕事してんじゃないんですか。

田原:うん、今ならね。

堀江:そう。ネットで学び、ネットで仕事をして、東京にも来てないかもしれないですね。

と、時代の最先端を行く2人の貴重なトークを聞くことができました。今年が初の開催となったイノフェスでしたが、来年もまた開催されることを願って待ちたいですね!

【関連サイト】
「INNOVATION WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

「INNOVATION WORLD FESTA 2016 Supported by CHINTAI」フォトレポート
http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/iwf2016-report.html

夏野剛が実践する“人工知能”にできない仕事とは?(2016年05月10日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1549.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP