ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

G・ラヴ、【フジロック2016】での再来日も決定したサーフ・ミュージック・シーンの先駆者による初の完全ソロ公演をライブレポート! !

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー当時は「新世代ブルース」を奏でるシンガーソングライターとして、そして21世紀に入ってからはサーフ・ミュージックを支える存在、そして最近では再びブルースと向き合い円熟かつエキサイティングなサウンドを発信。時代とともに進化している、G・ラヴ。デビューから20年以上、実は彼の初となる日本でのソロ公演が、5月29日、東京・渋谷クラブクアトロにて開催された。

 日曜の夕方スタートの公演ということもあってか、会場はすでにいい感じにお酒の入った観客たちが、それぞれに会話を楽しみながら、主役の登場を待っていたようなリラックスした空間。そこにピース・サインを掲げ、フラッとアコースティックギターを抱えて登場したG・ラヴ。「コンバンワ!」と日本語で挨拶をすると、椅子に腰掛け、昨年末にリリースされた最新アルバム『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ』に収録されている「ニューヨーク・シティ」をパフォーマンスする。ギターにブルースハープ、さらにフットドラムを駆使しながら、奏でる圧倒的なブルースからは、ニューヨークの喧噪が見えてきたのはもちろん、彼の長いキャリアのなかで培ってきた渋味も響いてきた。その後も、最新作に収録された失恋ソングという「バック・トゥ・ボストン」をカラッとしたサウンドで響かせ、ブッカ・ホワイトのカバーで11年に発表したアルバムのタイトル曲である「フィクスィン・トゥ・ダイ」を再構築して披露。さらに途中でミスタッチをして「やっちまった」という声も出すのだが、それも楽曲のフレーズにしてしまうという即興をみせる場面もあるなど、ソロ・パフォーマンスだからこそ聴くことのできたグルーヴが満載だった。

 彼が所属するレーベル<ブラッシュファイアー>の主催者であり盟友でもあるジャック・ジョンソンとのコラボ曲「レインボー」(2004年『シッカー・ザン・ウォーター』サントラ盤に収録)や、「ロデオ・クラウンズ」(1999年『フィラデルフォニック』に収録)も披露するなど、過去を振り返る場面もあったステージ。実はここ渋谷クラブクアトロは、彼が1995年6月に初めて来日公演をおこなった“思い出の地”。初来日公演は、共に“ブルース四天王”と評された、ザ・ジョン・スペンサー・ブルースエクスプロージョンとのスプリット公演で、当時のことを鮮明に記憶していたらしい彼は「あれから20年経つんだ」と、ちょっと感慨深げだった。また「あの公演に来ていた人はいる?」と問いかけると、フロアから手を上げる人が続々。それを見ると「おー!ブラザー」と笑顔を浮かべ、あの当時のフレッシュな気持ちを思い返すように、94年にリリースされたデビュー盤から「ベイビーズ・ゴット・ソース」をパフォーマンス。軽快な「ラグ・モップ(ヒップホップとブルースをミックスさせたG・ラヴ開発のサウンド)」を轟かせ、会場を20年前にタイムスリップさせた。

 アンコールでは、ファンからのリクエストに応じる形で3曲を披露。なかでも観客からの要望が高かった「ステッピン・ストーンズ」(1997年『イェー、イッツ・ザット・イージー』収録)は、最初どう演奏するのか忘れてしまった演技をし、観客をやきもきさせる場面もあったりなど、茶目っ気もみせてくれたG・ラヴ(しかし演奏は、当時の軽快さを残しつつも、深みのあるブルースを漂わせるもので、G・ラヴや楽曲が良い流れで進化・成長している姿がわかる素晴らしいパフォーマンスだった)。MCでは「今年は大好きな日本に2度も来られる機会を作ってもらってうれしいよ。1回目が今回で、次が7月のフジロック。今度は最高のプレイヤーである(スペシャル・ソースのメンバーの)ジミー・“ジャズ”・プレスコット(b) 、ジェフリー・“ハウスマン”・クレメンス(dr)と一緒に、今日とは違うパフォーマンスするよ。また苗場で会おう!」と語っていたが、今年で20周年を迎えるフジロック・フェスティバルのステージに、5年ぶりに登場することが決定している。そこでは、今回とはひと味異なるスリルと興奮、そしてピースとラヴを吸い込むことができることは確実。さらに夏が待ちきれなくなったライヴになった。

Text by:Takahisa Matsunaga
Photo:Yoshika Horita

◎公演情報
2016年5月29日 東京・渋谷クラブクアトロ

◎リリース情報
G・ラヴ&スペシャル・ソース
『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ』
発売中
SICX-16 2,400円(tax out.)
※ボーナス・トラック2曲収録
iTune:http://apple.co/1XZjovK

関連記事リンク(外部サイト)

レッチリが最新AL『ザ・ゲッタウェイ』からタイトル・トラックを公開
【Billboard JAPAN Party × SUMMER SONIC 2016】第2弾出演アーティストはラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーション!
ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP