ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、光学手ブレ補正をサポートした「HTC One M9+ Prime Camera Edition」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC が昨年一部の国で発売した「HTC One M9+」の改良版となる「HTC One M9+(Prime Camera Edition)」をインドなどの海外で発表しました。HTC One M9+ は HTC スマートフォンで最初に WQHD 解像度のディスプレイや Helio X20 を採用した 5.2 インチスマートフォンで、今回の Prime Camera Edition はメインカメラで光学手ブレ補正をサポートするなど、カメラ機能を強化しています。外観は HTC One M9+ とほぼ同じですが、解像度が 1,920 x 1,080 ピクセルに、RAM 容量が 3GBから 2GB に、ROM 容量が 32GB から 16GB に下げられるなど、一部はスペックを下げています。メインカメラも 2,000 万画素から 1,300 万画素に下げられましたが、Duo Camera 仕様は維持しています。レンズは F2.0・27.8mm のサファイヤレンズを採用。4K 動画の撮影や UFocus 機能によるピントの当て直し等に対応しています。また、前面には 400 万画素の UltraPixel カメラを搭載しています。このほか、2,840mAh バッテリーや指紋リーダー、NFC なども搭載しています。Source : HTC

■関連記事
Qualcomm、エントリー向け3Gスマートフォンに「Snapdragon 208」を提供
HTCのAndroid Wearスマートウォッチの発売は今秋に再延期
LINEのAndroidアプリが累計5億インストールの大台を突破

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP