ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PCゲーム好き必見!繊細なコントロールを可能にするキーボード「Wooting one」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

細かな動きを要するコンピューターゲームをするとき、コントローラーは重要だ。微妙な力加減を反映してくれないとイラッときたりするもの。

そんなゲーム愛好者のために開発されたのがアナログタイプのキーボード「Wooting one」。繊細なキータッチで微妙な操作を可能にする。

・力加減をセンサーで感知

Wooting oneの外観はクラシックなキーボード。キーはやや厚みのあるタイプで、軸で浮いているデザインだ。

この軸部分がWooting oneのポイント。というのも、通常のキーボードだとキーは押したかどうかだけを反映するが、Wooting oneは押す力加減を感知する。

具体的には、どれだけ深くキーを押したかでゲームの操作をコントロールできる。例えば、カーレースのゲームで、キーを押す力を微妙にコントロールして絶妙なハンドルさばきやスピード調整をすることができる。

・配置のカスタマイズも

もちろん、Wooting oneは通常のタイピングキーボードとしても機能する。デジタルとアナログのモード切り替えはボタンひとつと簡単だ。

また、キーキャップは取り外しができ、他のメーカーのキャップに取り替えることも。加えて、軸そのものの配置もカスタマイズ可能となっている。

Wooting oneは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中。すでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実な状勢となっている。

今なら139ユーロ(約1万7000円)の出資で入手できるので、ゲーマーは要チェックだ。出資期限は6月23日。

Wooting one/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP