ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【元町カフェ】パンケーキ界のデファクトスタンダードを食す! --パンケーキ・リストランテ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信スタッフがおすすめするカフェをレポート。本日紹介するのはみなとみらい線元町・中華街駅にある『パンケーキ・リストランテ』さんです。

たべたもの「プレーンパンケーキ+ホイップクリーム」

■たべたもの:プレーンパンケーキ+ホイップクリーム
■値段:640円+220円
■たべた日時:2016年5月21日土曜日15時45分入店

レビュー

ひと口にホットケーキ/パンケーキと言っても、流行り廃りがあります。2013年ごろからは原宿の『Eggs’n Things(エッグスンシングス)』に代表されるような薄めのハワイアンパンケーキが席巻しましたし、2014年から2015年にかけては厚めでふんわりとしたスフレパンケーキを出すお店が次々とオープンすることになりました。
ですが、そんな中でも昔ながらの卵と小麦粉、ほのかなバターと甘み……懐かしさを感じさせるような味を厳かに守っているお店もあります。横浜・元町にある『パンケーキ・リストランテ』は、旧名の『モトヤ』時代から、「ザ・パンケーキ」というべきまんまるふっくらなパンケーキを一枚一枚焼いてくれる名店として知られていました。テラス席を改装して『パンケーキ・リストランテ』になってからも、開放的な空間はそのままに、明るい雰囲気でパンケーキに舌鼓を打つことができます。

パンケーキのほか、特にオムレツは絶品で、筆者は何気に日本で一番美味しいのではないかと思っているのですが、今回来店したのはおやつ時。フルーツをトッピングしたものが口楽しいのは分かっているのですが、敢えて基本に立ち返る意味もこめて、プレーンパンケーキにホイップクリームを添えていただくことにしました。

10分ほど待ってやってきたパンケーキ。相も変わらず端正でピカピカ。表面の焼き加減にムラがなく、ちょっと真ん中が斑点のようになっているのを見て自然に笑みがこぼれてしまいます。焼く1cm程度の厚みで、しっかりと端が閉じられているあたりも美しいです。

ナイフを入れると、意外なほどしっとりした感触でぱらぱらと崩れないのも素敵。甘みがほのかに感じられる程度に抑えられているため、お惣菜系のメニューとの相性がいいのも納得。もちろん、ホイップクリームのふんわりとした甘さと合わせて食べると幸せな気持ちになります。

パンケーキ屋さんが増えて、どれもみんな違ってみんないいけれど、時に立ち返る場所がある。ここのパンケーキはそんな存在だと思います。口の中がいろいろな味でごちゃまぜになりがちだからこそ、すべてのホットケーキ好きはデファクトスタンダードとして『パンケーキ・リストランテ』へと、どこかで「帰る」必要があるのです。

詳細情報

店名:パンケーキ・リストランテ(Pancake Ristorante)
電話:045-663-9044
場所:神奈川県横浜市中区山下町87-4
店舗情報:http://www.e-loupe.jp/

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP