体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】東京ワイナリー~食材のルーツを巡る旅 其ノ2(後編)~産地を巡る冒険

f:id:tabearukist:20160502141527j:plain

みなさんこんにちは。メシ通レポーター、タベアルキストのAraiです。

前回の記事では「D&DEPARTMENT TOKYO」を訪問し、東京野菜の生産者と交流し、徹底的にその良さを追求している点に心を打たれました。

その東京野菜との食べ合わせとして提供しているワインの一つが、東京初のワイン醸造施設である「東京ワイナリー」のワインだそうです。

今回はその「東京ワイナリー」を訪問し、どのような思いが込められて、どのように作られているのかを見学してきました。

「食材のルーツを辿る旅 其ノ2」の後編のはじまりです!

※前編はこちら

東京の農産物を広めたいとの思いから設立

f:id:tabearukist:20160429081237j:plain

「東京ワイナリー」は練馬区大泉学園町にある、ワインの製造から販売までを店内で行う東京初のワイナリーです。

代表の越後屋美和さんはこう言います。

大田市場で野菜の仲卸をしていた頃、東京にもこんなに農地があって、こんなに美味しい野菜や果物を作っている農家さんがいるんだと知って以来、この東京の農産物を広める活動をしたいと考えて、ワイナリーを設立しました

東京のぶどうを使って作るワインを東京の野菜と組み合わせて食す、都産都消やフードマイレージから見てもとてもシンプルな考え方です。

「東京の人にこそ、東京の食材を知って、食べて、楽しんでもらいたい!」という思いがあったそうです。

西武池袋線の大泉学園駅から徒歩10分ほど。住宅街の一角にある小さなワイナリー。今回はそちらを見学させていただきました。

東京初のワイナリー

越後屋さんは山梨でワイン造りを学び、2014年に果実酒製造免許を取得してワイナリーを設立。元は新聞販売店だったという建物の1階、70平米ほどの広さを醸造所とワインを販売するスペースに区切って営業しています。

ちいさいけれどほんばかであたたかく、手作りの良さが感じられます。居心地がよく可愛らしいお店です。

f:id:tabearukist:20160429081459j:plain

カウンターの後ろにはボードがあり、週末は「昼飲み」ができます。

グラスワインと野菜おつまみで500円。野菜とワインをよく知る越後屋さんならではの組み合わせなんですね。

f:id:tabearukist:20160429081604j:plain

隣の部屋は醸造スペース。カフェの奥のドアを開けると、ひんやりとした空気と酵母の香りに包まれます。

除梗破砕機やコルク打栓機、タンクが4台と、いかにも醸造所といった趣き。

こここそ東京ワインが生まれる場所です。

ここでまず、ワインのできるまでの工程を簡単におさらいします。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy