体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐村河内守氏の素顔に迫った映画『FAKE』 森達也監督が語るドキュメンタリーの役割とは

IMG_2139

オウム真理教の内部に迫った映画『A』『A2』の森達也監督が、15年ぶりに発表した最新作『FAKE』(6月4日よりユーロスペースにて劇場公開)。本作は、2014年に「ゴーストライター騒動」で話題になった佐村河内守氏を追ったドキュメンタリーだ。

このたび、佐村河内氏の自宅でカメラを回し、当時のマスコミが伝えなかったその素顔に迫った森監督に話を聞くことができた。

先に述べると、今回のインタビュー記事では、「佐村河内氏は耳が聞こえているのか?」「作曲の能力はあるのか?」という質問は森監督にぶつけていない。佐村河内氏、当時の騒動を報道したマスコミ、社会、森監督……その何がFAKEで、何がFAKEじゃないのかは、今作を観た一人ひとりに深く考えてもらいたい。

fake_sub1

――鑑賞後にいろいろと考えさせられる、観た人と話したくなる作品でした。一方で、『FAKE』というタイトルもあって、「これはノンフィクションなのか?」と疑う人も少なくないと思いました。

森監督:もちろん今作に脚本はありませんが、ドキュメンタリーも映像作品なので、そういう意味ではドラマとそれほど変わりはないです。ドラマしか撮っていない黒沢清監督が、「役者にセリフを覚えさせて、それをどう喋るかをドキュメンタリーで撮っている気がする」と以前に何かの媒体で言っていたけれど、フィクションとノンフィクションの境目は常に曖昧です。分けられるものではない。

――ドキュメンタリーにも演出があるということでしょうか。

森監督:辞書で「ドキュメンタリー」を調べると、「実際にあった事柄について脚色を加えずに構成された映像」みたいに書いてあります。ならばそれは監視カメラの映像であって、作品ではありません。僕は被写体に大いに加担するし挑発します。場合によっては被写体から反抗されることもあります。被写体を刺激したり、誘導したり、あるいは自分が誘導されたり、撮る側と撮られる側の相互作用が生まれるのがドキュメンタリーの演出です。

――森監督は、以前から「ドキュメンタリーは嘘をつく」とおっしゃっていますよね。

森監督:確かに言っているけれど、ちょっと微妙です。「嘘」というと「やらせ」をイメージされるかもしれない。それとは違います。ドキュメンタリーに限らず表現は主観であり、その人の解釈なのだと言いたいのです。そうしたニュアンスを表す意味での「嘘」です。『ドキュメンタリーは嘘をつく』という本のタイトルは、編集者が決めました。僕としては抵抗がありました。まあでも今は、このくらい刺激的で挑発的にして正解だったと思っています。そもそも、真実と虚偽は簡単に二分できるものじゃないし、必ずグラデーションが存在する。まさしくフィクションとノンフィクションの境界のように。

fake_main

――今回はその対象が佐村河内守さんだったということですね。記者会見前後の騒動をどのようにご覧になっていましたか?

森監督:もともとは、それほど興味がありませんでした。ただ、騒動が過熱していた当時の、真実か虚偽か、善か悪か、敵か味方かなど安易に二分してしまう風潮がとても嫌でした。社会がそれを求めるからメディアも市場原理でこれに応え、結果としてどんどん加速していく。佐村河内さんを撮ることで、その違和感を表明することができればと思いました。佐村河内さんに関しては、メディアが報じるひとつの側面だけを見て理解したような気になっている社会が気持ち悪かった。だから、僕は僕の視点で彼を撮ってみたかったんです。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy