ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スマホを充電したい」「道案内してほしい」ユーザー間が互いに助け合うP2P型オンラインプラットフォーム「Getmii」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ツイッター(Twitter)は、”What’s happening?(いまどうしてる?)”というたったひとつの問いを広く投げかけ、世界中の人と情報をゆるやかにつないできたソーシャルメディア。

これと似た仕掛けとして、“What do you need?(いまなにが必要?)”という共通の問いをベースに、ユーザーが互いに助け合うシェアリングエコノミー志向のオンラインプラットフォームが、米国で広がりはじめている。

・あらゆるモノをユーザー間で融通し合うプラットフォーム

「Getmii(ゲットミー)」は、モノ・時間・知識・スキル・アドバイスなど、あらゆるものをユーザー間で融通し合うオンラインプラットフォーム。

このプラットフォームが投げかける“What do you need?”という問いに答えるスタイルで、「スマートフォンを充電したい」、「フランス語を教えてほしい」、「大工道具を借りたい」など、他のユーザーへのリクエストとその報酬について各ユーザーが投稿する。

投稿データは、独自のアルゴリズムによって整理され、ニュースフィードの配信形式を模した「Need Feed」で、投稿者の現在地周辺にいる1,000名のユーザーに向けて配信。

投稿されたリクエストに応じる意思のあるユーザーが「I’m interested(興味あり)」というボタンをクリックすると、チャット形式のプライベート空間で、投稿者とコンタクトできる仕組みとなっている。

・位置情報をベースにユーザー同士を結びつける仕組みが秀逸

「Getmii」は、ユーザーの現在地をもとに投稿データを整理・配信することで、ユーザ同士を結びつけようとしている点が特徴。

また、ニュースフィードやチャットなど、他のオンラインサービスで馴染みのあるインターフェイスを取り入れ、より多くの人々が、気軽に利用できる仕組みを整えている点も秀逸だ。

Getmii

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP