ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高見沢俊彦とYOSHIKI、約20年ぶりにメディア共演!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

六本木ニコファーレで5月24日(火)、THE ALFEE・高見沢俊彦とX JAPAN・YOSHIKIの約20年ぶりとなるメディア共演が実現した。

これは、ニコニコチャンネル内『YOSHIKI CHANNEL』に高見沢がゲスト出演し実現したもので、対談の模様が生放送された。数十年来にわたり、日本の音楽シーンを牽引し続けてきた伝説の2人。ひさびさの共演にトークは大いに盛り上がりを見せ、普段なかなか聞くことのできないミュージシャンならではの話や意外なエピソードに、視聴者から多くのコメントが寄せられた。

今回ニコ生初登場となった高見沢は、視聴者から寄せられる“888888”の文字が拍手の音“パチパチパチパチ”を意味していることをYOSHIKIに説明してもらうところからスタート。高見沢が登場後、「2人の出会い」「楽器・機材に対する美学」「メンバーとの絆」などをテーマにトークを展開、二十数年前に2人でF1を観戦しに行った懐かしい話も飛び出した。まさかの出来事として、高見沢とYOSHIKIの2人が東京駅で時間を決めて待ち合わせたこと、“たまたま全く同じコートを着てきてしまったことで、傍から見たらカップルみたいだった”などと笑いを誘った。さらに、同じくF1をたまたま観戦していたTHE ALFEEの桜井賢が“高見沢が外国人の女性を連れてきた…と思って一瞬気まずい思いをした”など、1つのエピソードでネタが盛りだくさんの2人。

「楽器・機材に対する美学」では、高見沢オリジナルのエンジェルギターやヴィンテージギターを紹介。そして、YOSHIKIのオリジナルクリスタルピアノ、クリスタルドラムの話と、楽器1つを取っても独特の美学を持つ。ここでYOSHIKIからのサプライズで、「メリーアン」「星空のディスタンス」をクリスタルピアノでパフォーマンス。このサプライズには、高見沢も感動と喜びにあふれた表情を浮かべていた。

異端の美学を追求する2人による対談はさまざまなエピソードが飛び出し、終始盛り上がりを見せたまま終了した。

対談終了後、今回の共演に関して2人は、“生放送にYOSHIKIがいるっていうことが、大人になったな~と思いました(笑)”“でもYOSHIKIについていろいろ噂がありますが、彼は本当に礼儀正しい子です! 僕が保証します!!”(高見沢)、“自分の番組で来ないってことはないですよ!? でも大人になりましたかね”“こうして対談できて本当に良かったです!!”(YOSHIKI)と感想を語り、今後の2人のさらなる活躍を予感させる対談となった。

■YOSHIKI CHANNEL

http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP