ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

整形後の自分の顔がわかる!?3Dプリントを使って“術後の顔のレプリカ”を出力するサービス「MirrorMe3D」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「先日、コーヒーアートを出力できる3Dプリンター「Ripple Maker」を紹介したが、さまざまな分野や業種に広がる3Dプリントの技術は、社会の常識を大きく変える可能性を秘めている。

・“術後の顔のレプリカ”を3Dプリント

3Dプリントを美容外科でも活用しようというのが「MirrorMe3D」である。

これまでも、3D画像ソフトウェアを使って、あらかじめ術後の予想画像を患者に見せる、ということはあったが、「MirrorMe3D」では、なんと“術後の顔のレプリカ”を3Dプリントで作製する。

患者にとっては、あらゆる角度で術後の様子を観察でき、平面的なイメージ画像に比べると、はるかにリアリティがあってわかりやすい。

・いくつかのプリントサイズから選べる

患者の顔は3次元スキャンされ、それをもとにモデルデータを作成し、出力をおこなう。

プリントモデルはいくつかのサイズから選べるようになっている。実物大サイズはおよそ300ドル、ミニチュアサイズは60ドル。

・3Dバストの成型も

同社では、胸の手術を考えている患者向けに、3Dバストを成型するサービスも実施中。

また、美容外科の医師が、患者とのコンサルタントや施術のために用いるのはもちろん、一般の人が友だちや恋人へのプレゼントとして贈るのもどうかと提案しているようだ。

医師、患者双方にとって、“術後のイメージ違い”からくるトラブルを防ぐ、よい方法といえそうだ。

MirrorMe3D

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP