ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きな写真や画像を“コーヒーアート”にできる3Dプリンター「Ripple Maker」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美味しいコーヒーを飲んで気分転換……という人も多いだろう。コーヒーの水面にさまざまな絵や文字を描く“コーヒーアート”は、味だけでなく、“目でも楽しめる”のが魅力。

・バリスタじゃなくても“コーヒーアート”が楽しめる

そんなコーヒーアートを、バリスタでなくてもをつくれるのが、インクジェットと3Dプリントの技術を活用した「Ripple Maker」というコーヒーフォーム3Dプリンター。どちらかというと、個人利用向けというよりは、喫茶店などのビジネス向けのツールだ。

本体の大きさは、幅210×奥行270×高さ495ミリメートルで、重さは16キログラム。コンパクトなサイズになっていて、WiFi通信機能を保有している。

・完成まではわずか10秒ほど

プリンターはコーヒーミルクフォームを“白いキャンバス”に、「Ripple Pod」というタンクから抽出されるコーヒーを“インク”に見立てて、インクでキャンバスに絵を描くように、“コーヒーアート”を完成させる。

それも、わずか10秒ほどで完成するというからスゴイ。最大110ミリメートルの幅のカップまで対応可能だという。

・専用アプリ、ライブラリを用意

専用のライブラリが用意されているので、アプリを通じて、そこから好きな画像、写真、メッセージを選んでもよいし、ユーザーが自らオリジナルのコーヒーアートを制作してアップロードすることもできる。

「Ripple Pod」が導入されている店を訪れた客自身が、持ち寄ったデータをカプチーノやラテのコーヒーアートにする、なんてことも可能。

アプリでアートの明るさやコントラストを微調整して、満足いく仕上がりを目指そう。

・位置情報との連動も

また、この“コーヒーアート体験”は位置情報と連動させることもでき、これまでの履歴を閲覧して、どこの店で、現在地からどれくらいの距離なのかチェックしたりもできる。

まさにオリジナルの、他にはないコーヒータイムを楽しめそうだ。

Ripple Maker

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP