ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【iPhoneユーザー必見】通話&ボイスレコーダー・USBメモリー、オーディオアンプ、1人4役なマルチツール「imemo」は値段も手頃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国のオーディオ機器を取り扱う会社T-PEOSがおこなった調査によると、i-Phoneユーザーにとって1番欲しい機能は“通話録音”機能という結果になったという。

・1台で4役をこなすマルチツール

これを受けて、同社が開発を進めたのが「imemo」というi-Phone向けツール。“通話録音”だけでなく、“ボイスレコーダー”、“オーディオアンプ”、“USBメモリー”としても使える、マルチ機能なアイテムだ。

サイズは幅61×奥行17×高さ12ミリメートルというコンパクトさなので、持ち運びもラクラク。Bluetoothによるワイヤレス通信のデメリットを考慮し、あえてケーブルでつなぐ方式を採用している。

本体には、USBコネクタ、電源・録音・停止ボタン、再生・巻き戻しボタン、LEDランプ、イヤホンポート、内蔵のマイクを搭載。

・通話中でも“録音ボタン”を押すだけでスタート

“通話録音”の利用方法はとても簡単。通話中に録音をしたくなったら、iPhoneのイヤホンジャックに「imemo」をつなぎ、録音ボタンを3秒間押し続けて電源をオンにしたのち、再び短く“録音ボタン”を押すと、録音をすぐに開始できる。

もし、「imemo」で音楽を再生中に電話がかかってきた場合には、そのまま“録音ボタン”を押すだけで録音がスタート。

イヤホンをつなげばいつでも、“再生ボタン”を押すだけで録音内容を聞くことが可能だ。

・ボイスレコーダーとしても使える

“ボイスレコーダー”として使いたいときは、スマートフォンをつながなくても、同様に電源をオンにして、“録音ボタン”を押して録音をスタートできる。

16ギガバイトのメモリーを搭載しているので、本体内にデータを保存したり、USBでPCに接続してファイルを転送することも可能。

・音のスペシャリストならではの音質

何といっても、開発元のT-PEOS社は音のスペシャリストであり、音質の良さが大きな魅力だ。こんなに小さなデバイスの中に、同社の技術が結集されており、クオリティの高い音楽や音声が再現されている。

170mAのリチウムイオンバッテリーは、最大8時間の連続使用が可能。充電時間は、ACアダプタを使えば30分、PCだと90分程度となる。

・早期予約特典として、自分の名前を刻印!

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資金を募集している「imemo」。早期予約特典として、出資者の名前をレーザー刻印したネームプレートを付けるサービスを実施中だ。プレオーダー価格は29ドル(約3100円)。

imemo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP