体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全日本模型ホビーショー】ひそかにブームの女子ホビー“スイーツデコ”材料をタミヤが拡充

【全日本模型ホビーショー】ひそかにブームの女子ホビー“スイーツデコ”材料をタミヤが拡充

10月13日(木)から16日(日)まで、千葉・幕張メッセでプラモデル・ラジコン・鉄道模型・フィギュアなど模型関連製品の見本市『第51回 全日本模型ホビーショー』が開催されました。タミヤは、ひそかにブームとなっている女子ホビーの“スイーツデコ”関連の材料を出展。体験ブースが設けられ、女性来場者の注目を集めていました。

※すべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

スイーツデコ、もしくはスイーツデコレーションは、ケーキやクッキーなどのスイーツを紙粘土などで制作する、女性の間でここ数年人気のホビー。タミヤはスイーツデコ用の材料やツールを『タミヤデコレーションシリーズ』として製品化しています。

ベースとなる軽量粘土『生地作りの達人』

タミヤブースの実演コーナーで、クッキーの制作過程を見せていただきました。まず、『タミヤ軽量粘土 生地作りの達人』(税込み420円)で生地を作ります。軽くて伸びがよく、クッキーやマフィンの生地だけでなく、アイスクリームの質感も再現できるのだとか。アイスクリームでは、『民やデコレーションカラー』(税込み157円)など塗料を練りこむことでストロベリーやチョコレートなどの表現が可能になります。

粘土を型に入れる

市販のクッキー用の型にオイルを塗り、粘土を入れます。縁を丸めておくと、固めた後に整形の手間が省けるそうです。

型から抜いた生地

型から抜いた粘土は1日で乾燥し、クッキーのような軽い生地になります。

『焼き色の達人』で着色

そのままだと白い生地なので、これに焼き色を着色します。タミヤの『焼き色の達人』(税込み630円)は、化粧品のようなパッケージとスポンジ、筆が付属。女性にも使いやすく、親しみやすそうですね。

着色前と着色後のクッキー

こんがり焼き色をつけたら完成! これは男性がやっても楽しいかもしれませんね。

ホイップの達人 『トッピングの達人』で装飾したクッキー

タミヤは10月29日に、ホイップクリームを簡単に表現できるチューブ入りのペースト素材『ホイップの達人』(税込み1029円)、砂糖や粉砂糖を表現する『トッピングの達人』(税込み231円)を発売。プラモデルメーカーならではの材料やツールを拡充していきます。

山田けいさんの作品

本当の“達人”になると、お菓子の家やウエディングケーキまで作ってしまうそうなのですが……ホントだ。会場にはスイーツデコ作家の山田けいさんの作品が展示されていました。女子ホビーとして紹介しましたが、今後は男性にも広がっていきそうなスイーツデコ。新しい趣味としてチャレンジしてみてはいかが?

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会