ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人が開発!まるで“浮いているような”透明ディスプレイが目を引くスピーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“禅”とテクノロジーとの出会いを謳う、「Gravity」というBluetoothスピーカーは、目を引くスマートなデザインでとってもオシャレ。透明のディスプレイ部分によって、本体が中空に浮いているように見える。

左右非対称のアシンメトリーなデザインが魅力的だ。インテリアとマッチするビジュアルと、高音質のHi-Fiサウンドを同時に実現した。

・デザインは日本人デザイナーが担当

デザインを担当したのは、日本人プロダクトデザイナーの坪井 浩尚氏。多摩美術大学環境デザイン科を卒業後、曹洞宗總持寺で修行したという、異色の経験をもつ。

・光のプリズムの屈折を利用したユニークなディスプレイ

「Gravity」の1番の特徴はそのディスプレイにある。アクリルの透明ディスプレイには、音楽を流すと曲目やアーティスト名などの音楽情報が“浮かび上がる”ように映し出される。

これはスピーカーの独自構造によるもの。本当のスクリーン部分に表示されているイメージが、光のプリズムの屈折によって投影され、“仮想のイメージ”がユーザーの視点の高さに映し出されて見える。

それを実現したのが“Half Mirror”という独自の素材。薄い膜にも似たプラスチック素材でできていて、バックグラウンドの本当のスクリーン部分からの色を透過させる働きをするという。

・スピーカーとしての機能も抜群!

スピーカーの音を放出する部分には、特殊なポリエステル繊維が使われており、耐塵性で、音の放出によって磨耗しないように配慮されている。

もちろん、スピーカー機能としても優れていて、二重の“共振隔壁”、20ワットのダブルドライブユニットが低音を安定させ、ハイクオリティなチップが“歪み率”を減少。70~2万kHzを網羅するため、フルレンジの音楽体験を楽しめる。

・専用アプリで操作しよう

スピーカーはBluetoothを通じて、わずか3つの簡単ステップでWi-Fiに接続が可能だ。iOS・Android対応の専用のアプリを使って、さまざまなインターネットの音楽サービスに接続し、好きな音楽を流して楽しもう。

興味がある人は、クラウドファンディングサイトIndiegogoをチェック。市場予定価格249ドル(約2万7300円)のところ、199ドル(約2万1800円)で、プレオーダーを受付中。

Gravity

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP