体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なくならないストーカー犯罪! 危険を感じたら必ず弁護士に相談しましょう

stalker_20160522_01

またしてもストーカーによる痛ましい事件が起きてしまいました。

21日17時5分頃、東京都小金井市のイベント会場となる雑居ビルの入り口で、冨田真由さん(20歳)が刃物で刺され意識不明の重体となりました。警察はファンとみられる容疑者(27歳)を現行犯逮捕しています。

何故、このような事件が起きてしまったのでしょうか?

すでにネットでは容疑者の『Twitter』アカウントやブログと思われるものが晒されており、狂気染みた投稿の数々に戦慄しています。

報道における“アイドル”と言う表現の曖昧さ

今回の報道ではアイドル、“元アイドル”など様々な形で表現されています。

これは冨田真由さんの経歴が、以前芸能事務所に入りアイドルグループとして活躍していたのですが、今はフリーでライブを中心に音楽活動をしているためかと思われます。

つまり厳密にはミュージシャンという肩書きになりますが、今のアイドルの活動は多岐に渡るので、無難に“元アイドル”という表記になっているようです。

事務所に所属していればアイドル、無所属であれば地下アイドルもしくはフリーといった感じでしょうか? なので、今回の事件で

「事務所や主催者側の警備体制がなっていない」

とするのは少し違っています。事務所に所属していないのですから、事務所側は責任を負えません。

また会場の外で起こった事件なので、主催者側を責めるのも間違いです。仮に警備体制や会場、ライブの時間帯に不安や不満があるのであれば、出演者側で拒否する事が出来ます。

無論、その様な事で出演を拒否していたら仕事がなくなるのは事実ですが、リスクを承知の上で受けたオファーであると言う事は、無所属のフリーであっても自覚していたと思います。

警察の対応は正しかったのか?

さらに今回は被害者側から、すでに何度も警察に相談があったとの事で、またしても“警察の不手際”とする声が上がっていますが、これも筆者は違うと思います。

市民を守るのが警察の仕事と言いますが、仕事ですので優先順位があります。人命に関わる”かも知れない”では、なかなか動けないのも事実です。

結果、犯行が起きてから犯人の逮捕に全力を尽くすと言う“後手”に回ってしまう事が少なくないのですが、残念ながらどこの国でも同じことです。

「容疑者に対して警察として牽制する事は出来なかったのか?」

とする意見も多いのですが、犯罪を犯すまでは一般市民なので法治国家である以上、逮捕には至りません。

また、容疑者の段階で迂闊にプレッシャーをかけると、それが引き金となって逆上した容疑者が犯行に及ぶ可能性もあるので、警察としては慎重に動いたと言う事でしょうか?

もっとも、相談や通報を無視し続けて犯罪が起きる確率と、容疑者を牽制をした事で犯罪が起きる確率を比べた場合、どちらが正解かはちょっと考えれば分かる事ですが、そこは事なかれ主義の公務員さんですから仕方ありません。

ストーカー被害は日常茶飯事ですので、仮に事件に発展しても“仕方なかった”とされますが、犯人を牽制して刺激した事で直後に犯罪が起きれば、警察の対応が不味かったとして誰かが責任を取る事になってしまいます。

この様な体質も困るのですが、警察も組織として予算が決められていて人員の配置に余裕が無い以上、仕方がない事だと諦めるしかありません。

容疑者の異常性

すでにネット上では犯人と思われる人物の『Twitter』やブログが晒されています。

筆者も見てみましたが、その内容は常軌を逸していてストーカーの典型的なパターンだと思いました。

どのブログやアカウントも長く続いておらず、恐らく異常な発言を繰り返してはブロックされ、再びアカウントなどを作り直していたのでないでしょうか?

「今の自分の状況が悪いのは、周りの奴らの責任だ!」

このような思考を持つ人は何か上手く行かない出来事があると、それを「自分も失敗したかな?悪かったかな?」とは考えません。

「運が悪い、家庭が悪い、環境が悪い、政府が悪い、世界が悪い」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy