体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パンを焼く風景と匂いが楽しめる!枚方のおいしさを届けるベーカリーカフェ「THE GROUNDS BAKER」が枚方駅前にオープン

「地産地消」とは、地元で生産されたものを、地元で消費することを意味する言葉。生産者の顔が見える安心感に加えて、ものの移動や保管にかかるエネルギーを抑えるというエコロジー的な観点からも注目されている。

そんな人にも地球にもやさしい試みで、大阪・枚方の農園で採れた野菜を使ったパンなどを提供するベーカリーカフェ「THE GROUNDS BAKER(ザ・グラウンズベイカー)」が、枚方の新しいランドマーク「枚方T-SITE」内にオープンした。

 

厳選材料と自家製酵母のこだわり製法で作る看板商品は、枚方の”レンゲ米”と、交野の地酒”極濁(きわみにごり)”を使ったリッチな食パン「レンゲ米の恵み」(350円・税込)。ふわっと広がる酒の香りと、いつまでも焼きたてのような食感が特徴だ。

店内では、焼きたて食パンを使ったメニュー「とろとろ小倉の餡バター」(580円・税込)や「花畑牧場のラクレットチーズトースト」(680円・税込)のほか、無着色無添加で天然素材で作った自家製シロップを使った「自家製シロップのフレーバーソーダ」(500円・税込)などもぜひ試したい。

まるで農園内のパン工場のように、収穫したての新鮮な食材でパンを焼く風景が楽しめる「THE GROUNDS BAKER」で、地元・枚方をおなかいっぱい食べよう!

 

「THE GROUNDS BAKER(ザ・グラウンズ ベイカー)」
住所:大阪府枚方市岡東町12-2 枚方T-SITE1F
TEL:072-843-3288
営業時間:7:00~20:00

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。