体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「マネジメント=なんとかすること」。マルチタスクの鬼・高田敏志氏に聞く超仕事術

f:id:kensukesuzuki:20160510171147j:plain

シングルタスクで悪いか!(あいさつ)

37歳になり、集中力の低下が顕著なサワヤマです。座り仕事は60分ぐらいでケツが痛くなり、気がついたらスマホのパスコードをタップ、hulu鑑賞に勤しんでおります(最近は「絶対に笑ってはいけない」シリーズをフルコンしております)。完全なるシングルタスクです。「一つの仕事すらこなせてないじゃないか」というご指摘は聞こえない仕様になっております。

一方、世の中にはマルチタスク(複数の仕事を同時並行でこなす)凄まじく優秀な方々がたくさんいます。「その仕事が両立するんですか???」と、はてなマークを3連打したくなるような方々が。今回紹介させていただくブラインドサッカー日本代表監督/株式会社アレナトーレ代表取締役の高田敏志さんは、まさにそういう方です。

高田さんの仕事は、現在抱えているだけでも(1)「ブラインドサッカー日本代表監督・部長」(2)『株式会社アレナトーレ代表取締役(アスリート・コーチのマネジメント)』 (3)『ITコンサルタント・プロジェクトマネジメント』 (4)『株式会社メンタリスタ(プロジェクトマネージャー)』 (5)『TKD GKアカデミー運営(コーチ兼任)』の少なくとも5つです。

アレナトーレ社は、スタッフを入れても20名前後という規模の会社です。そんな会社がどうやって世界的クラブ・FCバルセロナの公式施設でクリニックを開き、旅行大手H.I.S社と組み、契約するジャーナリスト(小澤一郎氏)を頻繁にテレビやラジオに露出させ、育成年代の指導者を中心に絶大な支持を集めるに至ったのか?その根幹には、高田さんのマルチタスクを完璧にこなすマネジメントスキルがあるに違いないと考え、インタビューを申し込ませていただきました。ぜひご覧ください。

5つのわらじの内訳は?

f:id:kensukesuzuki:20160510172037j:plain

――改めて現在のお仕事をご紹介いただけますでしょうか。

高田:私はもともとはITのプロジェクトマネジメントやコンサルティング(システム開発・運用・保守)をやっていまして、現在はITの仕事をしながらその手法をサッカーの仕事に応用するという形をとっています。

まずはマネジメントですが、ジャーナリスト、プロ選手、GK(ゴールキーパー)コーチ、海外にいるサッカーコーチたちのマネジメント、クリニック開催などを担当しています。株式会社メンタリスタのマネジメントとしては、メンタルトレーニングコーチ・大儀見浩介さんの活動サポート。コンサル先企業や学校、クラブとの調整、書籍刊行における出版社との交渉などですね。さらに元々会社を作った動機として、GKスクールの運営があります。現在は関東のほか静岡県・石川県など全国展開させていただき、さらに私自身もGKコーチとして週1回は可能な限り現場に立っています。

ブラインドサッカー日本代表では、監督兼任で部長を務めています。最近は部長の仕事がメインで、事業計画・強化計画の策定、東京五輪に向けた会議などの出席、営業活動が仕事です。こちらは現在無償で行なっています。が、将来的にパラリンピック競技も選手の競技力向上を考えるとボランティアではなくプロの指導者によって運営される必要があると考えます。そのための原資を稼ぐために、私自身もセールスシートを持って営業しています。自分の指導者マネジメントのコンセプトとして、指導という対価に対して報酬を指導者に払う(スポーツ界にお金が回る)ことが重要だと考えているのでそれを実践しようと動いています。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。