ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バリアフリー対応のスポットを可視化!クラウドソーシング型オンラインマップ「Wheelmap」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界保健機関(WHO)によると、車椅子利用者は、2008年時点で6億5000万人と、世界人口の約10%に相当する。

しかしながら、世界的には、段差を解消したり、車椅子利用者のためのトイレや駐車スペースを設置するなど、車椅子利用者に配慮したバリアフリー化は、まだ十分とはいえず、さらに、バリアフリー化したスポットについての最新情報を入手しづらいのが現状だ。

・車椅子でアクセスできるスポットを可視化

ドイツの非営利団体「SOZIALHELDEN」が2010年に開設した「Wheelmap(ホイールマップ)」は、車椅子でアクセスできるスポットの情報を集約するクラウドソーシング型のオンラインマップ。

オンラインマップでグレー色にマークされているスポットを対象に、車椅子でのアクセスのしやすさを評価し、車椅子で十分にアクセス可能なら「青」、一部可能なら「黄色」、アクセス不可は「赤」のいずれかに色づけしていく仕組みとなっている。

世界中のオンラインユーザーが、ウェブサイトやスマートフォンアプリを介して、この取り組みに参加し、駅やバス停といった公共交通機関のほか、カフェやレストラン、ショップ、美術館など、幅広いスポットにわたって、これまでに世界で65万件以上が色づけされた。

・日本語にも対応

「Wheelmap」は、英語・ドイツ語・日本語を含め、23言語で展開され、誰でも自由にアクセスできる。

車椅子利用者のみならず、ベビーカーを利用する人々、歩行器が必要な人などにも、有益な情報が集まったオンラインマップといえるだろう。

Wheelmap

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。