体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多】人間の飽くなきチャレンジ精神を刺激する、 中華料理店からの挑戦状!?

f:id:hotpepper-gourmet:20160422185653j:plain

2011年のJR博多シティ開業以来、博多駅前はイルミネーションですっかり煌びやかになってしまったが、ちょっと奥の通りに入ると、いまだに人通りの少ない意外と静かな通りがある。ここもそんな通りの一つ。禅寺の塀の先に、黒地に血のような赤で書かれた、何やら不穏な看板が。

「殺人担々麺」!?

そういえば、ここは一時期ネットで“修羅の国”と呼ばれた福岡県。一瞬ひるむが、その脇には「かかってこいやー!」「ビビッてんの?」と、かわいい煽り。

そう。看板から想像がつくとおり、ここ「中国料理陽華樓」は、チョー激辛担々麺で評判の店だ。人間、煽られるとつい挑んでみたくなるもので、お昼時は勇敢なチャレンジャーたちがこの“キラー担々麺”の前に列を成している。

f:id:mesitsu_lb:20160314130146j:plain

黒地に赤い文字が書かれた不穏な看板は!?

f:id:mesitsu_lb:20160314130151j:plain

煽るんじゃありません!

f:id:mesitsu_lb:20160314130156j:plain

やーめーなーさいってば!!!

「陽華樓」は創業38年になる大衆中華の店。先代は愛想のない典型的な昭和の職人タイプで、18年前に二代目の平山博文さんが店を継いだ頃にはお客さんも離れてしまい、経営的に非常に厳しい状況だったという。

「何とかせんばいかん!」

平山さんは起死回生の新しい名物料理を作ろうと決意。およそ1年かけて、クコの実や豆豉(とうち)など美容や健康に良いとされる成分が入った「薬膳担々麺」を完成させた。10時間以上かけてとるダシとクリーミーなゴマペーストのスープが自慢の自信作だったのだが、結果は「ヤクゼンタンタンメン!」ではゼンゼンハイランネン!? インパクトが足らなかったのか、残念ながら起死回生とまでは至らなかった。

f:id:mesitsu_lb:20160314130447j:plain

1日50食限定の「薬膳担々麺」750円

f:id:mesitsu_lb:20160314130205j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会