ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android N Developer Preview 3で「Google日本語入力」がv2.18にアップデートされる。キーボードデザインが刷新、テーマが「マテリアル」だけに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今朝リリースされた Android N Developer Preview 3 で「Google 日本語入力」キーボードで大規模な変更が行われていました。Preview 3 の Google 日本語入力は v2.18.x のバージョン番号を採用しており、既存の Play ストア版(v2.17.x)からは様々な部分で変化が見られます。大きく変わったのは、キーボードデザイン(キーの縁や両サイドのキー色が変わり、各キーを判別しやすくなった)や、キーボードテーマから「ブルー・オレンジ / ライトグレー」が削除されて、「マテリアルダーク」と「マテリアルライト」だけになったことでしょう。また、アプリの設定メニューが階層表示に刷新され、設定項目の表示場所の入れ替えも行われています。このほか、「キーボードの縁を表示」や「キーの長押し時間」が追加され、キーボードレイアウトの「ケータイ」が「12 キー」に変わったり、「フリック感度」が「スライド感度」に変わったりと、項目名の変更も行われています。

■関連記事
Google、Android TVとGoogle Castの新パートナーを発表。XiaomiもAndroid TV製品を発売
Google、アプリをインストールすることなく実行できる「Android Instant Apps」を発表
HTC、「HTC 10」「HTC One A9」「HTC One M9」をAndroid Nにアップデートすると明言

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP