体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いつまでゲームやってんの」なんて言われる時代はもう終わり!? TVゲーム新時代の幕開けを予感させるe-Sportsの世界

lol-arena

いきなりですが、トップのこの画像、何が行われている画像だと思いますか?
人気ロックバンドのライブ、世界的に名の知れたアーティストの来日公演、はたまた大きな大会のオープニングセレモニー。
いずれにしても、”とてつもない人数が、大きなスタジアムに集まっている”ということがわかります。

次にこちらの動画をザックリでいいのでご覧下さい。

これから何か大きな戦いが始まる…そんな予感を感じさせる壮大なオープニングセレモニーが行われていますね。
でもこれ、オリンピックの開会式でもなければ、格闘技の試合前のセレモニーでもありません。

動画の中で若干ネタバレしちゃってますが、実はコレ、League of LegendsというTVゲームの大会の開会式です。(トップの画像も同様)
そう、”たかがTVゲームの”大会の開会式が、ここまで壮大なスケールで行われているのです。
ここであえて”たかが”という言葉を使ったのは、この記事を読んでいただいている多くの人にとって、TVゲームはただの暇つぶしの為のツール、面白いけど続けてても何も残らない、不健康、オタクっぽい、等、お世辞にも良いイメージを持っているという人は少ないであろうと思ったからです。

ですが事実、このゲームの大会に出場している選手の多くは、ゲームをプレイすることで、生計を立てています。
そしてその中には、プロ野球選手やプロサッカー選手に匹敵する稼ぎを得ている選手も存在しているのです。
そんな彼らを、世間はプロゲーマーと呼んでいます。

1つ言わせてください。

“たかがゲーム”と言われる時代は、終わりを迎えようとしています。

そもそもゲームで生計を立てるなんて本当に可能なの?

当然、ただ家の中でもくもくとゲームをやっているだけじゃお金を手にすることはできません。
有名なインターネット配信者などであれば、ゲームをプレイ、実況することで利益を得ることができますが、これは配信をすることで利益を生み出しているのであり、あくまでゲームは配信の手段の1つに過ぎない為、純粋にゲームをプレイすることで生計を立てているとは言えません。

ご存知の方もいるかもわかりませんが、今、競技性の高いゲームのことを、エレクトリックスポーツ、通称『e-Sports』と呼んでいます。
FPS、RTS、格闘ゲーム等、そのジャンルは多岐にわたるのですが、要するにプロゲーマーは、この競技性の高いゲームをとことんやり込み、大会に出場し、賞金を得ることによって、また、企業からのスポンサードを受けることによって、生計を立てているのです。
中でも、前述のLeague of Legends(通称:LoL)は、『今世界で最も人気が有るゲーム』といわれており、プレイ人口は7000万人存在し、大きな大会では賞金総額が1億円を超えることも珍しくありません。

ゲームをして1億・・・夢が広がる気配を感じませんか?

lol02

LoLのチャンピオン(キャラクター)は100種類以上。課金をすることでチャンピオンをより早く入手できたり、スキンを買うことができるが、課金によって勝敗が左右することは一切ないというのが大きなポイント。頼れるのは自分の腕とチャンピオン、そして仲間のみだ。

LoLから感じる未知の力

実は私もこのLoLというゲーム、1年ほど前からプレイしているのですが、やればやるほど、LoL特有の闇の力をひしひしと感じます。
というのもこのゲーム、ルールはいたってシンプルなもので、5人対5人で相手陣地のタワーを先に折ったほうが勝ち。フィールドもそこまで広いわけではなく、操作方法も簡単です。
が、プレイを重ねる度に、このゲームの底知れない奥深さを感じ、自分がいかにLoLについて無知であるかを思い知らされます。
事実、私は1年以上もプレイしているにも関わらず、全体で見れば初心者レベルです。
1年かけてもチュートリアルが終わらないゲーム・・・この世に存在して良いのでしょうか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。