ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク1位キープならず!ジャスティン・ティンバーレイクが首位デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『トロール』のテーマソングに起用された、ジャスティン・ティンバーレイクの新曲「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 上位常連のジャスティン・ティンバーレイク、2014年に故マイケル・ジャクソンとコラボした「ラブ・ネバー・フェルト・ソー・グッド」以来およそ2年ぶり、通算17曲目のTOP10入りで、首位獲得は「ワット・ゴーズ・アラウンド…カムズ・アラウンド」(2006年)以来、およそ9年ぶり、通算5曲目となる。

 制作は、おなじみマックス・マーティンとジャスティンの共作で、テイラー・スウィフトやアデル、カーリー・レイ・ジェプセン等のヒットを手掛ける、シェルバックもクレジットされている。映画のイメージそのままの、王道のポップソングで、ジャスティンのシングル曲の中でも特に耳馴染みの良いナンバー。5月5日に公開されたビデオは、10日で2200万回の視聴回数を突破し、グウェン・ステファニーやジェームス・コーデン、アナ・ケンドリックといった、映画の声優陣が出演している。映画関連では、7月に公開が予定されている映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のテーマ曲、P!NK(ピンク)の新曲「ジャスト・ライク・ファイア」が30位に上昇中。

 今週、新たにTOP10入りしたのは、リアーナの「ニーデド・ミー」。2月にNo.1デビューを飾った8thアルバム『アンチ』からの2ndシングルで、9週の首位をマークした「ワーク」(今週8位)に続き、2曲連続の」TOP10入りを果たした。先週9位にデビューした、カルヴィン・ハリスとの「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」(今週15位)に続き、通算29曲目のTOP10入りとなる。この記録は、エルヴィス・プレスリー(39曲)、マドンナ(38曲)、ビートルズ(34曲)、マイケル・ジャクソン(30曲)に次ぐ記録で、28曲タイだったジャネット・ジャクソンを抜き、歴代単独5位にランクインした。

 ジェニファー・ロペスの新曲「エイント・ユア・ママ」は、5月6日に公開されたビデオの3600万回を記録する視聴回数を受け、76位に息を吹き返したが、ストリーミングに比べ、セールスやエアプレイが予想以上に伸び悩んだことで、上位ランクインには至らなかった。また、今週金曜にリリースされる、アリアナ・グランデの新作『デンジャラス・ウーマン』から、新曲「イントゥ・ユー 」がリリースされたが、5月6日にオーディオ・ビデオが公開されるも、未だ1000万視聴回数に届いていないことから、83位初登場と出遅れたスタートとなった。次週は、アルバムのプロモーションを受け、この曲も、16位にランクインしている「デンジャラス・ウーマン」も、ランクアップすることが予想される。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、18日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」ジャスティン・ティンバーレイク
2位「ワン・ダンス」ドレイク
3位「パンダ」デザイナー
4位「7イヤーズ」ルーカス・グラハム
5位「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」マイク・ポスナー
6位「ワーク・フロム・ホーム」フィフス・ハーモニー
7位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ
8位「ワーク feat.ドレイク」リアーナ
9位「ピロートーク」ゼイン
10位「ニーデド・ミー」リアーナ

関連記事リンク(外部サイト)

5月28日付 Billboard Hot 100 全米ソングチャート
5月28日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
J・ティンバーレイクが新曲で米1位発進、リアーナはマイケルの記録に並ぶ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP