体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】ビルの谷間の隠れ里! 知る人ぞ知る幻のラーメンを食す!@『関取ラーメン竜軒』

ryu-ken025_R

ガジェット通信の秋葉原制覇企画ということで、いつの間にか秋葉原通になりつつある筆者(YELLOW)で御座います。

そして!

自称”ニワカ秋葉原通”である筆者が秋葉原でイチオシするラーメンといえば、一体どの店でしょうか?

ズバリ!『関取ラーメン竜軒』こそ全力で紹介すべき秋葉原のラーメンかと存じます。

秋葉原の隠れ里『関取ラーメン竜軒』

ryu-ken022_R

まず秋葉原近辺で美味しいラーメン屋さんといえば、それこそ片手では足りないほどの店舗があるのですが、それらを紹介してドヤっているようでは、真の秋葉原通に笑われてしまいます。

ryu-ken021_R

というわけで、筆者が一発目にチョイスしたのは『関取ラーメン竜軒』で御座います。

ryu-ken020_R

味はそこそこですが圧倒的なコストパフォーマンスと、誰にも見つけられないビルの隙間でひっそりと営業している“隠れ里”的な営業スタイルが、秋葉原っぽくて素敵な予感です。

しかし!

去年は店主が倒れて一時的に閉鎖され、このまま店もなくなるんじゃないのかと多くの人々に心配されましたが、さり気なく奇跡の復活を遂げました。

『ざる中華』を所望する!!

ryu-ken002_R

消費税の増税で微妙に値上げされた『関取ラーメン竜軒』ですが、それでも圧倒的なコストパフォーマンスを誇っています。

ryu-ken006_R

ちなみに店の看板メニューは、大きなリブロースが乗ったド迫力の『リブ肉ラーメン』(780円)ですが、それを紹介してドヤ顔では失笑ものかと存じます。

秋葉原の食にコダワルのであれば、ここはオーソドックスに『ラーメン』(380円)こそ至高ですが、それまた普通過ぎてガジェ通らしくありません。

ryu-ken003_R

『千両ラーメン』(1080円)であれば豪華なトッピングでビジュアル的にもモリモリなので、記事化しやすいとは思われますが、それでは『関取ラーメン竜軒』の良さであるコスパが半減されてしまうでしょう。

つまり!

ここは一発『ざる中華』的な何かをチョイスするのが、ベストであると断言しても間違いないでしょうか?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy