ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG製VRカメラ「LG 360 Cam」 開封の儀&ファーストインプレッション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が今年のフラッグシップ「G5 」と一緒に発売した、リーズナブルな VR カメラ「LG 360 Cam」を入手したので、早速開封の儀を執り行います。LG 360 Cam は 2 つの 200 度レンズ付き 1,300 万画素カメラを対に搭載したスティック型の VR カメラです。この製品では、ストリートビューのような 360 度パノラマの写真や動画をワンクリックで撮影できるほか、Cardboard のような VR ヘッドセット越しに視聴すれば、立体視でき、頭の動きに合わせてグルリと見渡せます。カメラモードには、360 度モードだけではなく、片側のカメラで撮影するモードも搭載しており、広角な写真・動画を撮影することもできます。LG 360 Cam には Micro SD カードに撮影した写真・動画が記録され、Google Play ストアで配信中の「LG 360 Cam Manager」や「LG 360 Viewer」をスマートフォンにインストールすると、写真や動画をスマートフォンに転送して視聴したり、スマートフォンからカメラプレビューを操作してリモート撮影を行うこともできます。LG 360 には 1,200mAh のバッテリーが搭載されています。容量だけでは持ち時間にはピンと来ませんが、実際に使ってみると、丸一日は余裕で使えました。形状の似た HTC RE よりもはるかに(3 ~ 4 ほど)長持ちです。動画は最大 2K 解像度で撮影できるほか、5.1ch サラウンド録音にも対応しています。さらに、LG 360 Cam はストリートビューに対応しており、ストリートビューアプリ上で VR 写真を撮影し、ストリートビューで公開することもできます。LG 360 Cam の特徴は。VR カメラとしての基本機能をほぼ全て備えながらも、$199 というリーズナブルな価格で購入できるところです。画質は良好だったので、VR カメラだけではなく、普段使いの小型デジカメとしても十分に使えると思います。LG 360 Cam の充電端子は USB Type-C です。同梱品にも Type-C ~ USB-A の USB ケーブルが付属します。ポーチなどのアクセサリーは特に付属していませんでした。LG 360 Cam はカバーが付いており、両サイドのポッチを挟むと外れます。カバーを裏返しにして LG 360 Cam 本体に取り付けると一緒にして持てます。ストラップホールがないので、持ち運びの際がかなり不便です。ストラップホールがあれば首にかけて持ち運べるのですが、今後発売されるケースに期待しましょう。LG 360 Cam の本体には電源ボタンとシャッターボタンがあります。単体での操作はこの 2 つのボタンで行います。非常に単純です。スマートフォンアプリを利用すると、撮影モードやマニュアル撮影など、さらなるカメラ機能を利用できます。LG 360 Cam のセットアップはスマートフォン(ここでは LG G5)の「LG 360 Cam Manager」から接続作業を行うだけです。LG 360 Cam は独自のアクセスポイントを生成し、スマートフォンがその SSID に接続するとペアリングは完了します。ペアリング後は、撮影、画像・動画の視聴・転送、カメラ設定の変更が可能です。アプリの機能もシンプルなので、すぐに使い慣れると思います。LG 360 Cam の基本操作はシャッターボタンを一回押すと写真を撮影、長押しすると動画を撮影。スリープモードも搭載しており、設定した時間数使われていない場合には自動的にスタンバイになります。スタンバイから復帰させるには電源ボタン、またはシャッターボタンをクリックします。電源ボタンを4 秒以上長押しすると電源が切れます。VR カメラは本体周囲を撮影するデジタルカメラなので、手持ちの場合には頭上に掲げて撮影します。スマートフォンのように前に掲げて撮影するのも OK ですが、その場合は自分も写り込みます。自撮りも兼ねている場合は問題ありません。LG 360 Cam には三脚ネジが底面に付いているので、自分が写らない VR 写真・動画を撮影する場合は、三脚に固定して、離れた場所からスマートフォンアプリでシャッターを切ります。撮影した写真はアプリ内ギャラリーで一覧表示できます。ここからスマートフォンに転送したり、転送したうえで SNS や YouTube にアップロードすることもできます。360 度パノラマ写真・動画の場合はストリートビューアプリのように端末を動かすだけでもアングルの切り換えが可能です。次の動画は車のルーフから撮影しています。歪みはさほどなく、綺麗な 360 度パノラマ写真だと思いますよ。ただ、手持ちの場合には手が写ってしまいます。

■関連記事
プラスワン、5月17日にメディアイベントを開催、SAMURAI REIを正式発表か?
Huawei、99元(1,600円)のスマートバンド「Honor Band A1」を中国で発表
コロプラ子会社、VR動画配信サービス「360Channel」を今月開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP