ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメン・うどん・そば・フォーなど300万通りの世界の麺料理を網羅!麺好きのためのアプリ「Noodler」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、ニューヨークやロンドンで、行列の絶えない人気ラーメン店が現れるなど、日本のラーメンが、欧米を中心に注目を集めている。

そこで、ラーメンをはじめとする“麺フリーク”に向けたスマートフォンアプリが、ニューヨークで開発された。

・300万通りのスープ麺を収録

「Noodler」は、世界中のスープ麺にまつわる情報を集約し、ビジュアルでわかりやすく伝えるスマートフォンアプリだ。

日本のラーメンやうどん、そば、ベトナムのフォー、タイラーメン、市販のインスタントラーメンまで、世界各地のスープ麺料理を網羅。このアプリで検索できるスープ・麺・具の組み合わせは、300万パターンにものぼる。

「Noodler」は、創業者でイラストレーターのMichele Humesさんによって、レシピはもちろん、スープ麺を美味しくつくるコツなどが、ポップでカラフルなイラストで紹介されているのも特徴。

たとえば、このアプリによると、レモングラスとショウガを加え、ライムを絞ったり、ナンプラーを少したらすだけで、市販のスープが本格的な味になるそうだ。

・“麺食い”のためのスマホアプリ

「Noodler」は、iOS対応アプリとAndroidアプリとして、無償でリリースされている。

“麺食い”なアナタは、「Noodler」を活用し、幅広く奥深いスープ麺の世界をのぞいてみてはいかがだろう。

Noodler

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP