ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

U2、最新ワールド・ツアーよりパリ公演が映像化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでにヨーロッパと北米の22都市で120万人を超えるファンの前で開催されてきた、U2の『イノセンス + エクスペリエンス・ツアー』。アートのような映像と、革新的なサラウンド・サウンドで、会場のどこにいても最高の状態で観て聴いて、感じることができる最新鋭のライヴがDVD&Blu-ray『U2 イノセンス + エクスペリエンス ライヴ・イン・パリ』として商品化されることになった。

U2のツアーは、つねにそれまでの常識を塗り替える最新のステージ技術と、その度に新たな意味を持って演奏される代表ヒット曲の数々で、世界中のロック・ファンを魅了し、音楽/アート/映像/技術などあらゆるフィールドの関係者を驚嘆させてきた。

そして、この最新ツアーもやはり、「U2はアリーナ・ショーを改革した」(Rolling Stone)、「U2がすごいのは、観た人のほとんどが忘れられないアリーナ・ショーを作り続けていることだ」(The Independent)、とライヴ評が出るのだから、毎回見逃すわけにはいかない。

アリーナの長辺に横たわる長さ約36メートルの花道。その花道の上に吊るされた約30メートルのLEDスクリーンに映し出される立体的な映像。アリーナの隅々に設置された、革新的な吊り下げ式のサウンド・システム。これらをその目で見ることができる。

『U2 イノセンス + エクスペリエンス ライヴ・イン・パリ』は、2015年12月のパリ公演を収録。本来は11月だった日程が、パリで起きた同時多発テロ事件により翌月に振り替えられた。そのため、テロ事件の被害を受けたイーグルス・オブ・デス・メタル、そしてパティ・スミスがゲスト出演するという、特別な公演となった。彼らとの共演も収録されている。

なお、『イノセンス + エクスペリエンス・ツアー』は、2014年に突然無料ダウンロード配信リリースされて話題となった最新アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』のワールド・ツアー。初めてラモーンズのライヴを観てバンドをやりたいと思った10代の頃の無垢なU2(iNNOCENCE)と、経験を重ねた現在のU2(eXPERIENCE)がステージ上で交差するように、初期の頃の曲と最新作の曲が関連性を持って演奏される。もちろんファンから絶大な人気を誇る全キャリアを通しての代表曲の数々も演奏されている。

『U2 イノセンス + エクスペリエンス ライヴ・イン・パリ』 予告編
https://youtu.be/I1sXvCEo0ng

DVD&Blu-ray『U2 イノセンス + エクスペリエンス ライヴ・イン・パリ』
2016年7月15日発売

【2DVDデラックス】

UIBI-1031/2/¥5,300+税

【Blu-ray】

UIXI-1001/¥4,900+税

<収録内容> ※日本語字幕付き

■ライヴ本編

「ザ・ミラクル(オブ・ジョーイ・ラモーン)」、「シダーウッド・ロード」、「ソング・フォー・サムワン」、「エヴリ・ブレイキング・ウェイヴ(アコースティック・ヴァージョン)」、「アイ・ウィル・フォロー」、「プライド」、「ヴァーティゴ」、「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」、「夢の涯てまでも」、「ビューティフル・デイ」、「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」他全30曲

■ボーナス映像

ビハインド・ザ・シーン映像、ライヴ生中継ディレクターのインタヴュー、バンドの生涯の友人のギャヴィン・フライデーによるナレーション付きエクスクルーシヴ・ツアー・ビジュアル、ミュージック・ビデオ、ツアー中に撮影されたライヴ・トラック他

◎iTunesで予約注文受付中:

デラックス(ライヴ本編+ボーナス映像):http://po.st/ieD

スタンダード(ライヴ本編のみ):http://po.st/ie



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP