ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy A8がAndroid 6.0でWi-Fi Allianceの認証を再取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内でも KDDI から販売中の Samsung のミッドレンジモデル「Galaxy A8」が Android 6.0 にアップデートされる予定であることが確定しました。これは、5 月 13 日に、Galaxy A8 のグローバルモデルとなる「SM-A800F」が Android 6.0 で Wi-Fi Alliance 認証を取得したからです。国内モデルのアップデート情報ではありませんが、KDDI モデルもアップデートされる可能性があります。Android 6.0 で認証を再取得したからといっても、アップデートがいつ開始されるのかは認証資料では確認できません。しかし、Android 6.0 のファームウェアは完成していると考えられることから、1 ~ 2 ヶ月の間には開始されると予想されます。Galaxy A8 はアルミフレーム & シャシーを採用した薄型ボディが特徴の Galaxy A シリーズ最新モデル。5.7 インチディスプレイを搭載した大型スマートフォンながらも、筐体サイズは 158 x 76.8 x 5.9mm、質量は 151g とこのクラスでは薄くて軽量です。Source : Wi-Fi Alliance

■関連記事
Android Pay、英国で“まもなく”開始
Animoca Brands、“ちびまる子ちゃん”のパズルゲーム「Dream Stage」をリリース
Samsung、波情報やコーチからのアドバイスを表示するサーフィン用ボード「Galaxy Surfboard」を製作

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP