ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

著者が語る、本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』の誕生秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜朝6時からの番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「antenna* THE HIDDEN STORY〜CURATING@NOW〜」。5月13日のオンエアでは、2016年の本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』を、著者の宮下奈都さんご自身に語っていただきました。

まずはこの小説のきっかけについて。

「もともと音楽が好きで、ピアノの音が好きで…。うちに来てくれていた調律師さんがすごく面白いというか、無口な方なのですが魅力的だったんです」(宮下さん)

ある日、ピアノを調律してもらっているときに、宮下さんが「このピアノは大丈夫ですか?」と聞くと、「大丈夫ですよ。中に、いい羊がいますからね」と答えた調律師さん。その言葉に「え〜? ピアノの中に羊がいるってどういうことなんだろう?」と思ったのがきっかけだったそうです。その羊とは何のことなのでしょうか?

調律師さんは、「昔のピアノが作られた頃の羊は、野原でのびのびと良い草を食べて育った羊なので、その毛も弾力に富んでふわふわして、とてもいい毛でした。その毛を刈ってフェルトにしてハンマーを作って、それがピアノのなかにいるんです。今、このハンマーを作ろうと思ってもなかなかできないんですよ」という話を聞かせてくれたそうです。

“ピアノの鍵盤をおさえると、羊のフェルトで作られたハンマーが鋼の弦をたたく”。タイトルの『羊と鋼の森』はそこからきているのですね。この小説の主人公はスポットライトのあたるピアニストではなく、裏方である調律師の青年。しかも、なかなか仕事がうまくいかず悪戦苦闘する姿が描かれていきます。

「ピアノというと、ピアニストが主人公になることが多いと思うんですけれども、ピアニストみたいに表舞台に立つ華々しい方だけでなく、音楽はいろんなところから生まれているというか、ピアニストを支えたり、ピアノを支える調律師、どちらかというと裏方で支えている方を私は書きたかったんです」(宮下さん)

音楽にまつわる小説や映画、ドラマでは、出てくる人の才能に頼って書かれているものが多いと感じるため、才能ある人ばかりじゃない小説を書きたかったそうです。自分には才能がないと思いながら、でも本当に好きなものに向かい、それを努力とも呼ばずコツコツとやっていく主人公。「自分で書きましたが、その姿がいいなぁと思いながら書いていました」と宮下さんは語ります。

小説の重要なポイントのひとつは、舞台が北海道の小さな町であること。そして主人公の青年が憧れるのは、その町で仕事を続ける素晴らしい技術を持った先輩ということ。

「こんな小さな町じゃなくて都会に行けばもっと活躍できるのに…って思うシーンがありますけど、そこは書きたかったです。だって、ちっちゃい町にも音楽を聞く人がいて、腕のいい調律師がいる。それは当たり前のことなのに、『小さい町にいるともったいない』と言われたりする。そういうのに『なんで?』と思ってきたので」(宮下さん)

物語は創作でも、そこには、宮下さん自身が伝えたい本当の思いが詰まっているのですね。
全国の書店店員さんが「この本を売りたい!」と選んだ、本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』。
ぜひ読んでみてください。

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

本屋大賞発表後、書店員が「今」売りたい本は?(2016年4月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1399.html

「謎の一言」から生まれた本屋大賞『羊と鋼の森』(2016年4月16日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1394.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP