ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小室哲哉も絶賛 あのベテラン芸人の有名ギャグのテンポは「BPM=78」だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今からおよそ1年半前の2014年11月、TM NETWORKのアルバム『QUIT30』がオリコンチャートの8位にランクインしました。TM NETWORKとしての復活だけでなく、同グループのほとんどの楽曲を作詞・作曲する小室哲哉さんの復活をも印象づけた出来事でした。

 小室さんといえば、1990年代に「TKサウンド」で一世を風靡しつつ、08年には詐欺罪で逮捕という「栄光と転落」を味わっていますが、執行猶予付きの有罪判決が下った後、『罪と音楽』という手記を発表しています。小室さんの犯行や取り調べの一部始終はもちろん、過去にプロデュースした、しないの如何にかかわらず、さまざまなミュージシャンの特徴なども明らかにした一冊です。

 さらに、小室さんは本書の中で、ある芸人さんの音楽に関する感性に驚かされたとも振り返ります。

 小室さんが言及する「ある芸人さん」。多くの方は、ダウンタウンの浜田雅功さんを想像したかもしれませんが、そうではありません。浜田さんよりもベテランの芸人、大木こだまさんです。

 小室さんは06年、大木こだまひびきのアルバム『チ』をプロデュース。持ちギャグである「チッチキチー」の頭文字を採ったもので、2人のネタ合わせを録音すると、こだまさんの音楽的な傾向が判明したそうです。

「その音源をスタジオに持ち帰り、聞き直してみると、BPM=78を常にキープしている。こだまさんは、完璧にラッパーだと確信した瞬間だ。(中略)そして、レコーディング本番日は、スタジオで再度録音した。すると、まるで計ったかのようにBPM=78。もちろん『チッチキチー』のBPMも78」(本書より)

 BPMとは1分間に何個の四分音符が収まるかを表す指標。こだまさんは「チッチキチー」もほかのネタも、常に一定のテンポで進めているということであり、これに気づいた小室さんは「あれこそ名人芸だ。そういう技を持っている人に出会うと、無性に音楽をつけたくなる」と絶賛します。

 なお、本書によればほかの人気ギャグも一定のBPMを保っている場合が多いとのこと。お笑いには「テンポ感」が不可欠とはよく言いますが、一定のBPMを保つことが重要だったとは……。もしかしたら、最近流行の「リズムネタ」も、これと関係があるのかもしれません。

■関連記事
卒業のたくみお姉さんと「言い合いになったことも」、歌のお兄さんが舞台裏を告白
今夜放映、綾瀬はるか主演『精霊の守り人』で注目! ファン垂涎の”バルサめし”再現レシピ
実は100年の歴史! 一般化したデジタル3D技術を巨匠・ゴダールはどう活用したのか

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP