ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、Xperia Z5にAndroid 6.0.1へのアップデートを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 5 月 12 日、Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia Z5」に Android 6.0.1 へのアップデートの配信を開始しました。Xperia Z5 はこれまで Android 5.1.1 でしたが、今回のアップデートで Android 6.0.1 に刷新され、以下に示す様々な新機能を利用できるようになります。アップデート後のビルド番号は「32.1.D.0.297」です。Android 6.0.1 では、ホームボタンを長押しすると画面の情報を読み取り文脈に合わせた情報やメニューを表示する「Now On Tap」、共有メニューに対応アプリのコンタクト情報を表示してよく利用する人にダイレクトにシェアできる「Direct Share」、URL を開くアプリを事前に決定でkる「App Links」が利用可能になります。また、指紋リーダーをネイティブでサポートしたことにより、Google Play ストアの購入時などに指紋認証を利用できるようになります。さらに、スリープ中にアプリの活動を抑制して電力消費を抑える「Doze」モードも利用できるようになります。このほか、カメラアプリがバージョンアップされ、撮影モードをスワイプで切り換えられるようになるほか、スモールアプリのランチャーはアプリ履歴をスクロール中に非表示になり、「通知の非表示」がクイック設定パネルから操作できるようになります。Source : ソフトバンク

■関連記事
さくら少額短期保険、3台までのモバイルデバイスの修理費用を年間10万円まで補償する「モバイル保険」を提供開始
Galaxy Note 6、米国では8月中旬に発売か?
LG、Androidスマートフォンとも連携するLTE対応アクションカム「LG Action Cam LTE」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP