体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』清水富美加インタビュー「ハンムラビ法典と似ている所が好き」

IMG_0340_f

“あの”衝撃から3年、変態ヒーローが還ってくる。映画『HK/変態仮面』の続編『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』がいよいよ5月14日から公開となります。

前作に引続き、変態仮面こと狂介が慕うガールフレンドの愛子役には、女優の清水富美加さん。朝の連続テレビ小説『まれ』への出演や、バラエティ番組への出演、音楽番組でのVJなど幅広い活躍を見せる、“ふみカス”こと清水富美加さんに色々とお話を伺ってきました。

(撮影:wosa)

変態仮面

【ストーリー】パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせている中、狂介は相変わらず愛子のパンティを被って悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に二人の心はすれ違い始める。一方、同級生の真琴正は、気づかぬうちに愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていく。愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる。アブノーマル・クライシスすべてのパンティが消えた時、変態仮面の運命は……。

IMG_0317_f

―本作、ファンにとっては待望であり驚きの続編となりました。引続き愛子役での出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

清水:前作の打ち上げの時に「続編をやりたいね」という話は出ていたのですが、私自身『仮面ライダーフォーゼ』しかお仕事をしていない時期で、全然結果を残せていないと思ったので、もう呼んでもらえないだろうなと思っていました。なので、こうして2に呼んでいただいて本当に嬉しかったです。前作から3年経っているので、呼ばれないままもう撮影終わってたらどうしよう?! とか、思ったりしたので(笑)。

―原作や前作と比べて、本作はどの様にご覧になりましたか?

清水:原作は「男の子ってバカだな〜」と思いつつ、面白くて、前作の時には次の日朝早いのに夜ずっと読んでしまいました。映画と原作を比べて、原作の方がより笑えるおバカ要素が強いですよね。映画の方は本当にシリアスなヒーロー物だと思って観たので、感動するし泣けて。そこに福田さんのギャグ要素が加わって、と絶妙な作品になっているとなと思いました。

―愛子ちゃんというキャラクターも大学生になり、清水さんご自身も前作より大人になり、演じる上で意識した事はありますか?

清水:頼りなく可愛らしい感じの愛子ちゃんだったのが、大人になった成長感を見せたいと思いました。前作では「変な事を言っている」という雰囲気が出てしまっていたと思うので、今回はそうじゃなくて「パンティ返して」というのも「お金返して」というくらいのリアルさで言う様にしました。

―福田雄一監督の作品は「おかしな事を真顔で真面目に言う」という描写が多いと思うのですが、そのあたりの監督らしさというが出せたと。

清水:そうですね。前作が終わってから、もしまた福田組に参加出来るのなら、そうしたいとずっと思っていました。「変態仮面」は「仮面ライダー」より正当派のヒーローだと、そして「アイアンマン」よりも強いヒーローだと。真面目に真面目にやろうと。前作はパンティを脱いで渡すという事がすごく恥ずかしかったんですけど、今回は恥ずかしい事は全然無かったです!

640-1

―変態度はパワーアップしている様に感じましたが、素晴らしいですね(笑)。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy