ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【イタリア世界遺産】美しき女神の港「ポルトヴェネレ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリア北西部のリグーリア海岸、険しい岸壁に色とりどりの家々が建つ一帯の村々と小島群は、その美しい景観から世界遺産に登録されています。中でも5つの村からなるチンクエ・テッレは、日本でもよく紹介されているのでご存知の方も多いかと思います。

その5つの村ではないのでピックアップされることが少ないですが、チンクエ・テッレと共に世界遺産に登録されている町に「ポルトヴェネレ」があります。「ポルトヴェネレ」は“女神の港”という意味。その名の通り美しい港町です。

まだまだ知られていない、世界遺産の美しい港町「ポルトヴェネレ」をご紹介します。

小さな町に見所たくさんのポルトヴェネレ

ポルトヴェネレの起源は古く紀元前6世紀頃とされる小さな港町。青く輝く海に伸びる小さな岬と、海を遮断する絶壁が印象的な地形をしています。その岬の先で、女神が誕生したという伝説もあり、それもうなずける美しさです。

町並みはチンクエ・テッレ同様、カラフルでかわいらしい家々が建ち並びます。

パステルカラーの家々が並ぶ町の中を歩くだけで、なんだか楽しい気分に。

明るい日差しに照らされた海辺の美しい景色が、印象的に心に刻まれます。

この町の見所のひとつ、この町を守る丘の上の要塞「ドリア城」。要塞からのびる城壁が町をぐるっと囲み、何世紀も町を守ってきました。

こちらは、要塞からの眺め。青く美しい港が一望できます。

そしてもうひとつの見所、海に張り出した岬の先端にあるサンピエトロ教会。

12世紀に建てられた歴史ある教会。白と黒の配色が印象的な、中世ゴシック様式の建築です。

波の調べを側に聞く、静かな教会。厳粛な雰囲気が心を洗ってくれるようです。

それ以外にも風光明媚な海辺の景色が広がるポルトヴェネレの町。

世界遺産の登録が多いイタリア、まだまだ知られていない美しい景色がたくさんです。美しきリビエラ、女神の港が気になった方は、町の観光ホームページへどうぞ。町への行き方をふくめ、美しい景色が紹介されています。

[ポルトヴェネレの観光ホームページ(英語表示あり)]
[All Photos by Ryoko Fujihara]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP