体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョニー・デップ「マッドハッター」のモデルを明かす!『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ワールドプレミア

①『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ワールドプレミア左ジョニーデップ右ミアワシコウスカ

「不思議の国のアリス」のその後を映画化し、世界的な大ブームを巻き起こした『アリス・イン・ワンダーランド』から6年。全世製作ティム・バートン、ジョニー・デップら豪華キャストが再び集結する『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。7月1日の日本公開を前に、ワールドプレミアが開催され不思議で可愛いアリスの世界観がロンドンに登場しました。

European Premiere of Disney's 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ワールドプレミア会場②

「不思議の国のアリス」生誕の地、英国・ロンドンに登場したアリスワールド。今作のキーワードである「時間」をイメージした50個以上の時計オーナメントが至る所で宙を舞い、ティーパーティーを模した美しい桜の花が飾られるなど、ずっと眺めていたいほど華やかです。

'Alice Through The Looking Glass' - European Premiere

まずレッドカーペットに登場したのは、今作から登場した新キャラクター「時間の番人」を演じるサシャ・バロン・コーエン。英国・ロンドン出身の彼はブルーカーペットに並ぶ多くのファンから歓迎を受けました。マッドハッター、ジョニー・デップ。前作からのハマリ役と称された奇天烈な“帽子屋”として 6 年ぶりに帰ってきたジョニー。この日もレッドカーペットを颯爽と歩き ながら、ファンサービスも欠かしません。熱狂的な仮装ファンもジョニーの神対応ぶりには、興奮を抑えきれず涙する人も。

③『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ワールドプレミア右から2番目ティムバートン5ジョニーデップ6ミアワシコウスカ9監督 European Premiere of Disney's

【ジョニー・デップ(マッドハッター役)コメント】
たくさんの作品の撮影をしているので、イギリスはある意味2つ目の故郷のようだよ。再びマッドハッタ―を演じられてとにかく素晴 らしい気分だよ。マッドハッターは(自身の)子どもの家庭教師の真似をしたんだ。彼女にはいっていないから、これを見て知るだろうけど。だけどまたミアと共演できたこと、ティムとジェームズ・ボビンの素晴らしいコラボ作品に出演できることがラッキーだと思うんだ。多くの俳優陣とは何度も一緒に仕事していることもあり、家族と再会するような気持ちだよ。こんなに大勢のファンに囲まれて、死にそうなくらいにドキドキしている。不安で何をしたらよいかわからないよ。混乱していて、家に帰りたいくらいだ(笑)。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。