ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、ハイスピードIGZOを搭載した新型スマートフォン「AQUOS Xx3」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 5 月 11 日、SoftBank スマートフォンの 2016 年夏モデルとして、シャープ製 Android スマートフォン「AQUOS Xx3」を発表しました。発売時期は 6 月上旬で、5 月 17 日より予約受付が行われます。AQUOS Xx3 は、昨年の冬モデルで発売された「AQUOS Xx2」の後継モデルです。120Hz のリフレッシュレートをサポートした 5.3 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのハイスピード IGZO を搭載したところは変わりませんが、ボディは EDGEST デザインではなく、一般的なデザインに変わりました。AQUOS Xx3 の主要スペックは、5.3 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶、Snapdragon 820 2.2GHz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 200GB)、背面に 2,260 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載。また、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、下り最大 262.5Mbps の LTE キャリアアグリゲーション、VoLTE、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、防水・防塵(IP68)に対応しています。AQUOS Xx3 では新たに長い WEB ページやアプリの画面を自動的にスクロールする「スクロールオート」機能が追加されました。ディスプレイ関連の変更点としてはこのほか、アプリ単位で画面の更新頻度を変更できる機能や残量 20% から 1 日持ちを実現する「長エネスイッチ」も追加されました。また、ブルーライトを軽減する画面モード「リラックスビュー」が追加され、手動で ON / OFF することのほか、生活パターンに合わせて就寝・起床のタイミングに合わせて ON / OFF することもできます。カメラについては、リコーの「GR Certified」を取得した 2,260 万画素の裏面照射型 CMOS イメージセンサーや F1.9 の明るいレンズを搭載。カメラは 0.4 秒で起動し、最速 0.02 秒でピントが合うほか、4K 動画撮影も可能です。前面には 800 万画素カメラが搭載されています。このほか、本体を持つだけで画面が ON になる「グリップマジックは継続して搭載しており、新たに、端末をひねるだけで前のアプリの戻る「ツイストマジック」が追加。側面には指紋リーダーを搭載しており、端末を持って指紋リーダーに指を当てるとロックを解除できます。今ではシャープスマートフォンの定番機能と言える「エモパー」は v4.0 にバージョンアップされて、振る話題のバリエーションが拡充されたほか、歩数や生活週間に合わせてダイエットのアドバイスを提案したり、作成したメモをタイムリーに通知するエモパーメモにも対応しました。筐体サイズは 149 × 73 × 7.6mm、質量は 155g。カラバリはホワイト、アンバーブラック、アクアブルーの 3 色です。Source : ソフトバンク

■関連記事
ソフトバンク、京セラのタフネススマートフォン「DIGNO F」を発表
Moto G(4th Gen)のディスプレイユニットがeBayに出品される
ソフトバンク、Sony Mobileの最新フラッグシップ「Xperia X Performance」を発表、6月中旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP