体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidタブレット『Sony Tablet P』と『Sony Tablet S』3G版がドコモから10月28日発売へ

Androidタブレット『Sony Tablet P』と『Sony Tablet S』3G版がドコモから10月28日発売へ

NTTドコモは、ソニー製のAndroidタブレット『Sony Tablet P』と『Sony Tablet S』を10月28日に発売することを発表しました。『Sony Tablet P』は3GとWi-Fiに対応し、5.5型ディスプレーを2面搭載した折りたたみ型タブレット。9.4型のタブレット『Sony Tablet S』はWi-Fi版が既に発売されていますが、ドコモから3GとWi-Fi対応製品が発売になります。いずれもAndroid 3.2を搭載し、初代『プレイステーション』タイトルをプレイできる『PlayStation Certified』製品です。

『Sony Tablet P』は、5.5型VGA(1024×480)2画面を搭載し、1画面にメール、もう1画面にソフトウェアキーボードを表示するなど画面を使い分けたり、2画面を大きな1画面としてウェブページを表示するなどの利用が可能。ストレージは4GBの1モデルのみ。

『Sony Tablet P』主な仕様
サイズ(開いたとき):約W180×D158×H14mm
サイズ(閉じたとき):約W180mm×D79×H26mm
重量:約372g
バッテリー駆動時間:120時間(スタンバイ時)
OS:Android 3.2
ディスプレー:5.5型ウルトラワイドVGA(1024×480)×2
CPU:NVIDIA Tegra 2 モバイル プロセッサ 1GHz
無線LAN:IEEE 802.11b/g/n準拠&3G
Bluetooth:2.1+EDR
フロントカメラ:有効画素数30万画素
リアカメラ:有効画素数511万画素、“Exmor for mobile”CMOSセンサー搭載HDカメラ
ストレージ:4GB
主な入出力:Hi-Speed USB(USB2.0)Micro-Bコネクター×1、ヘッドホン出力(ステレオ、ミニジャック)×1(モノラル、マイク入力と兼用)
赤外線通信:赤外線リモコン機能搭載
カードスロット:microSDカード×1(2GB×1付属)
センサ:3軸加速度センサー、ジャイロ、デジタルコンパス、照度センサー
カラー:シルバー

Sony Tablet S

『Sony Tablet S』は、9.4型WXGA(1280×800)を搭載し、本体の片側に厚みを持たせる“偏重心デザイン”が特徴です。持ったときに軽く感じるだけでなく、テーブルなどに置いたときに画面が傾斜し、視認性がよくなるデザイン。別売りの専用クレードルに立てかけて使用したり、別売りのBluetoothキーボードと組み合わせてパソコンのように利用することもできます。ストレージは16GBの1モデルのみ。

『Sony Tablet S』主な仕様
サイズ:約W241.2×D174.3×H10.1mm(最厚部20.6mm)
重量:約598g
バッテリー駆動時間:400時間(スタンバイ時)
OS:Android 3.2
ディスプレー:9.4型 WXGA(1280×800ドット)TFTカラー液晶
CPU:NVIDIA Tegra 2 モバイル プロセッサ 1GHz
無線LAN:IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth:2.1+EDR
フロントカメラ:有効画素数30万画素
リアカメラ:有効画素数511万画素、“Exmor for mobile”CMOSセンサー搭載HDカメラ
ストレージ:16GB
主な入出力:Hi-Speed USB(USB2.0)Micro-ABコネクター(ホスト/クライアント対応)×1、ヘッドホン出力(ステレオ、ミニジャック)×1(モノラル、マイク入力と兼用)
赤外線通信:赤外線リモコン機能搭載
カードスロット:SDメモリーカード×1
センサ:3軸加速度センサー、ジャイロ、デジタルコンパス、照度センサー
カラー:シルバー

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。