ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小説と音楽の融合イベント〈奇跡と退屈vol.0〉に吉澤嘉代子、あら恋・池永正二出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

短編小説の朗読とエンディング・ソングの演奏による小説と音楽の融合イベント〈奇跡と退屈vol.0〉の開催が決定した。

このイベントは、「奇跡と退屈」実行委員会と音源配信サービス・OTOTOYの共同開催として行われるもので、小説の朗読とアーティストによるエンディング・ソングの演奏を楽しめるオムニバス・イベント。

「テーマ小説」として選ばれた短編小説のオリジナル・エンディング・ソングを、アーティストが作曲・選曲し、演奏するというもので、初回となる今回は、曲ごとに様々な主人公を設け華麗に歌い上げる吉澤嘉代子、そしてストーリー性ある楽曲にこだわり、数々の映画音楽も担当する、あらかじめ決められた恋人たちへの池永正二の出演が決定している。また、追加アーティストとテーマ小説についてはオフィシャル・ウェブサイトで5月中旬頃発表される。

テーマとなる短編小説は、店舗のない“エア本屋”を全国で展開する「いか文庫」が選定している。イベント当日にはいか文庫プロデュースにより、ライヴ・スペースとは別に「ライブラリースペース」を設け、出演アーティストの楽曲が聴きたくなる小説の紹介・展示を行うことも決定している。

また、「奇跡と退屈」実行委員会では、今回のイベントを皮切りに、共同主催となるハイレゾ音源配信サービス・OTOTOYでの小説×EDソング音源の配信や音源付き文芸誌の制作など、様々な展開を予定しており、音楽と小説により「自分だけの世界」に浸ってもらえるような「拠り所」を今後も広げていきたいとのことなので、今後の展開に期待しよう。

チケットは現在〈奇跡と退屈 vol.0〉イベントページにて予約受付中。入場者には朗読作品が収録された文庫本1冊がもれなくプレゼントされる。

・〈奇跡と退屈〉公式サイト
http://kiseki-taikutsu.com
・〈奇跡と退屈 vol.0〉イベントページ
http://kiseki-taikutsu.com/event0

〈奇跡と退屈 vol.0〉
2016年6月5日(日)渋谷O-nest
時間:
ライブラリースペース 16:00 OPEN
ライブスペース 17:00 OPEN / 17:30 START
出演:吉澤嘉代子 / 池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)他
イベント内容:
1. 短編小説のパブリックリーディング&アーティストによる短編小説EDソングの演奏
2. アーティストによるライブパフォーマンス
※タイムスケジュールは公式サイトにて追って発表
小説:coming soon
チケット:
前売券 3500円 / 当日券3800円
自由席・朗読作品が収録された文庫本1冊をもれなくプレゼント
主催:「奇跡と退屈」実行委員会 / OTOTOY
運営:株式会社SOME

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP