ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Samsungの最新フラッグシップ「Galaxy S7 edge SCV33」を発表、5月19日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 5 月 10 日、au 2016 年夏モデルとして、Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy S7 edge SCV33」を発表しました。SCV33 は 5 月 19 日に発売されます。なお、明日 5 月 11 日より、au SHINJUKU、au NAGOYA(、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATA で先行展示されます。Galaxy S7 edge は画面の両サイドがカーブした 5.5 インチディスプレイを搭載した Samsung のフラッグシップモデル。前作(Galaxy S6 edge)から画面サイズが拡大し、表示内容が見やすくなったほか、エッジスクリーンの領域も広がり、エッジスクリーン機能が利用しやすくなりました。OS は Android 6.0 Marshmallow で、スリープ中にも時刻やカレンダーなどを常時表示する「Always On」機能が追加されています。SCV33 は国内向けのカスタマイズ版で、主要スペックはグローバルモデルとほぼ共通なのですが、WiMAX 2+ のキャリアアグリゲーション、ワンセグ / フルセグ、おサイフケータイを追加サポートしました。LTE のキャリアアグリゲーション(下り最大 370Mbps)や VoLTE にも対応しています。SCV33 では、キャップレスで IP68 の防水・防塵に対応し、Micro SD カードも復活。バッテリー容量は 3,600mAh へと大幅に増えました。本体前面には指紋リーダー付きのホームボタンがあります。SCV33 の大きな特徴はカメラの刷新です。リアカメラの画素数は 1,220 万画素に下がりましたが、デュアルピクセル仕様のイメージセンサーを採用したことで、低光時と暗所での明るさ、画質、フォーカス速度が向上。レンズは開放 F 値 1.7 を前後に採用しており、明るさにはかなり期待できます。フロントカメラは 500 万画素です。SCV33 の主要スペックは、5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 820 プロセッサ、4GB LPDDR4 RAM、32GB ROM、Micro SD(最大 200GB)、LED ベースの心拍センサーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2X2 MIMO)、Bluetooth v4.2、NFC、Wi-Fi Direct、ダウンロードブースター(ハイブリッドダウンロード)、DLNA、ワイヤレス充電(Qi と PMA)、Quick Charge 2.0 に対応しています。USB コネクタは Micro USB です。カラバリは、ブラック オニキス、ホワイト パール、ピンク ゴールドです。なお、KDDI では 5 月 12 日 ~ 18 日の間に SCV33 を予約した方を対象に、通常は別売の VR ヘッドセット「Gear VR」を無料でプレゼントします。(参考)Galaxy S7 edge SM-G935FD のレビューSource : KDDI

■関連記事
KDDI、Sony Mobileの新フラッグシップ「Xperia X Performance SOV33」を発表、6月中旬に発売
Lenovo、インドでCyanogenOSスマートフォン「Lenovo ZUK Z1」を正式発表
Sony、スマートフォンからコントロールできるLED電球スピーカーの新モデル「LSPX-103E26」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP