体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金正日、プリンセス天功の肌を気づかい「エビアン」2トンを用意

「トラを倒す犬」と「トラ」を飼っている天功さん(右)

 金正日はプリンセス天功を気づかい、「エビアン」を2トン用意した――。コラムニストの辛酸なめ子さんが2011年10月11日、自著『サバイバル女道』の出版を記念し同書でも対談したイリュージョニスト・プリンセス天功さんとのトークショーを開催した。天功さんは、北朝鮮での公演に触れ、巨大な水槽から脱出するイリュージョンのため、金正日総書記が2トンの「エビアン」を用意したというエピソードを披露した。

 ”イリュージョニスト”として世界各地で公演している天功さんは、新しいイリュージョンを生み出すと、まずはペットの動物たちに見せ、動物の反応から出来・不出来を確かめるほどの動物好きだ。この日も、世界の要人からプレゼントされた愛犬3頭と共に会場に入ったという。

「(ロシアの)プーチンさんからいただいたワンちゃんと、(北朝鮮の)金正日さんからいただいたワンちゃんと、中国政府からは、西太后が飼っていたという、種を保存していた珍しいワンちゃんと、今日も一緒にきています」

 なかでも金正日総書記から贈られた犬は天然記念物のもので「トラをも倒す」ということだが、天功さんは「うちにはトラもいるんです」と、アメリカ・ラスベガスにある自宅ではホワイトタイガーを放し飼いしていることを明かした。

 その北朝鮮公演で天功さんは、水槽からの脱出イリュージョンのため、2トン分の水が入る巨大な水槽を持ちこんだ。だが、天功さんのファンとして知られる金正日は、「北朝鮮の水では、日本の水を飲んでいる人は肌が荒れてしまいます」と、天功さんの肌を気づかって飲料水の「エビアン」を大量に取り寄せたという。

「すごかったですね。(北朝鮮の首都)平壌に普通の人は入れないんですね。(だから入り口の)ゲートのところで、エビアンを持ってるトラックがダーッと並んで。水槽大脱出が始まるまで大人数で、1本、1本、ジャーって入れてました」

 ペットボトルの水を手作業で水槽に移す作業を眺めながら、「いつ、2トンになるかな・・・」と心配した天功さんだったが、本番ギリギリで間に合ったという。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 天功さんが北朝鮮でのイリュージョンを語る部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66486670?po=news&ref=news#0:21:50

(ハギワラマサヒト)

【関連記事】
プーチン大統領、ハーレーにまたがり選挙運動
「AKB48は宗教か?」 脳科学者・苫米地英人、アイドルブームを語る
レディー・ガガ、「徹子の部屋」に出演 その時「ニコニコ実況」は?
「爵位ない女性と王子の結婚、まるで少女小説」 ロイヤルウェディングにニコ動ユーザーも感動
風刺される後継者・金正恩 だが「北朝鮮で民衆革命が起こるかは疑問」

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会