体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ShoPro Books編集者が厳選! 日本語で読めるコミック版『デッドプール』のオススメ3冊はコレだ

shopro_1

全世界で大ヒットを記録し、R指定映画としては歴代最高の興行総収入を獲得した映画『デッドプール』。6月1日(水)の日本公開を間近に控え、アメコミファンのボルテージは最高潮を迎えていることだろう。しかし、その一方で「ぶっちゃけデッドプールなんて知らない」「えっ、スパイダーマンじゃないの?」という人も少なくないハズ。

デッドプール(愛称:デップー)の魅力を手っ取り早く知るには原作コミックに触れるのが一番なのだが、「たくさんあってどれから読んだらいいのか分からない!」という声も多い。

そこで今回は、数々のアメコミの日本語版を手掛ける小学館集英社プロダクションの出版部門ShoPro Booksを直撃! 映画版の字幕翻訳のチェックにも立ち会ったという山本将隆氏にオススメのコミック3冊を厳選してもらったぞ!

デッドプールとは

shopro_3

――そもそもデッドプールとはどんなキャラクターなのでしょうか?

山本:1991年にマーベル・コミックスが生み出したキャラクターです。キャプテン・アメリカ(1941年誕生)やスパイダーマン(1962年誕生)などと比べると、比較的新しいキャラクターと言えますね。日本では対戦格闘ゲーム『マーヴル VS. カプコン3』に登場して人気を博しました。

――ゲームを操作するプレイヤーに語りかけてくるスタイルは大人気となりましたね。

山本:デッドプールは自分がコミックの中にいるキャラクターだと知っているので、演劇用語で“第四の壁”と呼ばれる観客や読者との間にある幕を破って語りかけることができるんです。読者に話しかけるだけでなく、マーベルの編集部に向かって「締切り大丈夫か?」なんて言ったりもします。他のヒーローたちはポカーンです(笑)。

――まさに最強のキャラクターですよね!

山本:さらに、不死身の能力を持ち、多重人格で、とにかく冗舌なのが特徴です。デッドプールはコマの吹き出しが黄色いのですが、(作品によっては)自分の台詞に対してもうひとりの自分が白い吹き出しでツッコミを入れたりもします。傭兵なので報酬次第では薄汚いこともするアンチヒーロー的な側面があり、比較的グロい描写も多いです。その辺りの表現は、映画でも非常に上手く踏襲されていると思いました。

初級編:『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』

deadpool_comic1

山本:『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』は、単独誌として記念すべき日本初上陸を飾った作品です。5年ほど前から「『デッドプール』を翻訳して欲しい」という声が高まっていて、2013年に待望の初邦訳となりました。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。