ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激ウマ】高知市民が絶賛する創業38年の焼肉屋「イトエ」が素晴らしすぎる件 / 愛されるイトエおばあちゃん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高知県には穴場といえる飲食店が無数にある。高知県に長年住んでいる人でも「こんなにも美味しい店が高知県にあるとは知らなかった!」と驚くことがあるらしく、まさに「奥が深いグルメ」がそこにあるのだ。

誰も知らない穴場があるならば、誰もが知ってる穴場(?)もある。今回は「グルメな高知市民なら誰もが知っている焼肉屋」を紹介したいと思う。

・知名度が高い焼肉屋
その焼肉屋は高知市にある「イトエ」。創業から38年が経っており、店主のイトエおばあちゃんが営業を続けている焼肉の絶品店。高知市内で複数の人に「イトエ」について聞いたところ、全員が知っていた。ひとりの女性は「イトエを知らない高知県民なんているの?」と話していた。そこまで人気なのか!? チェーン店でもないのに、そんなにも知名度が高い焼肉屋とは驚きである。

・一品料理も多数あり
「イトエ」の店内は長方形になっており、手前が1~2人客向けのカウンター5席、奥が3~4人客向けのテーブル2席になっている。一品料理も多数あり、焼肉を食べる客が訪れると換気扇を回しはじめる。焼肉は昔ながらのロースタータイプで、昭和な雰囲気が好きな人は心がアガるはず。

・間違いない美味しさ
店内ではイトエおばあちゃんと、同じくらいの年の女性店員が笑顔で接客。ふたりとも地域住民に愛されているらしく、複数の客からの贈り物や手紙、写真、色紙が壁に貼られたり、陳列されている。これだけ愛されているのだから「この店は美味しいに違いない!」と思いつつカルビやタンを食べてみたが、確かに間違いない美味しさだった。

・ギリギリの「濃さ加減」
タレは極めて薄味で、なかには「薄すぎる」と感じる人もいるかもしれないが、とりあえず2口、3口と薄いタレで焼肉を食べ進めてみてほしい。気が付けば、この薄味のタレが「絶品」であることに気が付く(厳密には肉をタレに漬け込んでいないので薄味となる)。肉の美味しさを強く押し出すべく、タレが脇役に徹しているのである。タレが主役にならないよう、ギリギリの「濃さ加減」になっているのだ。

・いつまでも食べ続けたくなる魅力
この店で焼肉を食べるならば、カルビ(600円)とタン(750円)だろう。特にカルビは薄味のタレで食べることにより、飽きこない旨味をじっくり堪能できる。できれば軽く炙るように焼いて食べたほうがジューシーで美味。高級焼肉ではないので、柔らかくてサシだらけの焼肉を期待している人には向いてない。どちらかといえばワイルドな肉だ。だがそれがいい。いつまでも食べ続けたくなる魅力がそこにある。

ちなみに、テイストに賛否両論はあるものの「ひばり食堂」も穴場といわれているカツ丼が美味しい食堂である。高知県にはねまだまだ魅力的なグルメがありそうだ。

焼肉イトエ
住所: 高知県高知市二葉町15-5
時間: 17:00~24:00
休日: 不定休(要確認)

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/05/09/kochi-itoe/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP