体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進化しすぎでびっくり!使うだけで仕事がはかどるかわいい文具

666

ゴールデンウィーク明けで休日気分が抜けず、なかなか仕事のやる気が出ない…。なんて悩んでいたところ、仕事がはかどるユニークな文具が最近続々登場していると噂を耳に。「これは試すしかない!」ということで、早速話題の文具を入手し、実際に使ってみることに。正直文具ってどれも一緒では、と思っていましたが、良い意味で裏切られました。

 

思い立ったら即メモしたい人に! クリエイティブに使えるペンサイズのふせん

ペントネ(カンミ堂)

666

ペンサイズのケースにふせんを内蔵したフィルムふせん「ペントネ」。利便性だけでなくデザイン性にもこだわったカンミ堂の人気アイテムです。スリムな形状でペンケースに入れてもかさばらず、外出時にも活躍します。

1515

使い方は簡単で、必要な分だけふせんを引き出してちぎるだけ。なくなったら別売りのふせんリフィルを詰め替えて、本体は長く使えます。ふせんはフィルム製で、油性ペンやボールペン、鉛筆などで書くことができます。

IMG_1621

試しに手帳に貼ってみると、殺風景な手帳が一気に楽しげに! 長さや太さを自由に調整できて、簡単なメモ書きやちょっとしたイラストを描くのにも便利。アイデアをこまめにストックしておきたい人は必携ですね。

IMG_1629

さらにカンミ堂から、“立つ”フィルムふせん「スット」が新登場。デスクにスッキリと立てておける自立式のふせんで、書きたいときにさっと手に取れます。使い方は「ペントネ」と同様に使いたい分だけ引き出してちぎるだけ。スタンド型のメモとしても使えるので、リマインダーや離席中の伝言などにも使えます。また、ふせんは「ペントネ」と同規格で、「スット」「ペントネ」ともにそれぞれのリフィルを詰め替えでき、いろいろな柄を楽しめるのもポイント。

 

DATA
ペントネ(カンミ堂)
http://www.kanmido.co.jp/products/pentone.html

ペントネ740円 リフィル450円
全6種(本体・リフィルとも)
(「ペントネ」本体にペンは付属していません)

スット620円 リフィル450円
全3種(本体・リフィルとも)

 

コワイ上司も思わずにっこり!? 気持ちが伝わる人型メモ

ワタク紙(ペパラブル)

IMG_1632

紙を通して人と人とをつなぐ「紙コミュニケーション」がモットーの「ペパラブル」。人のカタチをしたメモ「ワタク紙」は、自分の分身としてメッセージに合わせてポーズをとらせることができます。

1 2次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。