ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ヒヨコ鑑定士」は月収64万! 気になる職業の給料

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜16時30分からの番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。 5月6日のオンエアで特集したのは、今話題の本『日本の給料&職業図鑑』。

これは、様々な職業の平均給料や仕事内容、初任給などを紹介しているサイト「給料BANK」を書籍化したもの。その「給料BANK」編集長、山田コンペーさんに世の中の給料事情をお聞きしました。

元になったサイト「給料BANK」のテーマは「一億総かっこいい職業」だそうで、職業の給料や仕事内容、なる方法や雑学的なものを紹介しています。「今まで職業紹介本はありましたが、給料に注目したのはなぜ?」と渡部が質問したところ「人間の欲望というか、一番気になるのは給料だというのがありまして。将来を決めるうえで一番大事なのが、やっぱり給料なのかなと思って」と山田さんが明かすと、渡部も「確かに。そうですねー。芸人が飲んでると、この話しかしないですよ。この話か人の悪口しか話さないくらい大好きな話題!」と同調していました。

山田さんが言うには、一般的に高給取りと言われる人は「ボーナスを含め月収62万円。これで年収1,000万円。1,000万円を超えると『高給取り』と言えます。1,000万円を超える中で有名なのはお医者さん。サンプルだと麻酔科医なんかは30代で月収100万円くらいいくので、年収にすると1,500万円から2,000万円くらいの間をもらえるという統計になります」とのこと。

「あとは弁護士など『サムライ系』の職業も多い。今日本の平均年収が400万円くらいと言われていますが、それを遥かに超えるのがサムライ業全般です」(山田さん)。ちなみに「サムライ系」とは、弁護士や会計士など「武士」の「士」が入る職業のことだそうです。意外なところでいうとヒヨコのオス・メスを仕分ける「ヒヨコ鑑定士」という職業も、ベテランクラスで月収が約64万円なのだとか!

さらに最近できた新しい職業についても聞いてみました。

「人気職業で第3位に入っているユーチューバー。芸能人に匹敵するくらいの職業になっているんです。その月収は、トップユーチューバーで600万円。トップクラスの10人から算出しました。あとはプロゲーマー。シューティーングゲームや格闘ゲームで賞金を稼ぐ新しい職業なんですが、だいたい月収30万円。日本の勝っている人で年収600万円ほど。トッププレイヤーは年収2,000万円という噂もあります」(山田さん)。

この話を聞いた渡部は「ちびっ子に悪影響を与えそうだな…」と少し心配の様子でした。

【関連サイト】
「GOLO RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。