ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今話題!「酢しょうが」驚きの効能

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CHOYA NATURAL FEEL」。5月6日のオンエアでは話題の「酢しょうが」にフォーカス。栄養士で料理研究家、フードコーディネーターとしても活躍されている若宮寿子さんにお話をお聞きしました。

まず「酢しょうが」の特徴について聞いたところ、「お寿司についている『ガリ』をイメージしていただければいいんですね。甘酢につけた生姜なんですけど、あれはスライスされていて料理には使いづらいですね。それを細かく刻んだり、おろすことで、料理に使いやすい調味料に近いものにしています」と若宮さん。

その作り方は…と言うと「材料は生姜200グラム、お酢200ミリリットル、はちみつが15グラムです。生姜は細かくみじん切りに。またはすりおろしでも大丈夫です。その後、電子レンジで加熱します。600ワットの電子レンジですと2分加熱してください。そして、お酢とはちみつを溶かした中に漬け込みます」(若宮さん)とのことです。一晩漬け込めばOKで、とても簡単に作れるそう。ビンやプラスチックの容器など、フタ付きのものに入れて冷蔵庫に保存すると、10日から2週間ほどもつとか。

そんな「酢しょうが」には、実はたくさんの秘められたパワーが! 「生姜を食べてすぐ体がポカポカするのは皆さん体験があると思うんですが、これは代謝がアップして、免疫力が上がるということ。代謝アップという事なので、脂肪燃焼にもつながります。それから免疫力アップということで、アンチエイジングというところまでいきますので、女性の方には美肌をキープするというようなことにも役立つと思います」(若宮さん)。

アミノ酸やクエン酸が豊富で免疫力のアップや健康促進、体脂肪燃焼が期待されるお酢と、代謝や免疫力がアップする生姜の組み合わせは相性ピッタリなんだとか。夏になると冷房が効いた部屋にいる時間も増えてくるので夏冷え対策にもピッタリだそうです!

さらに「酢しょうが」を使った簡単なレシピも紹介していただきました。

ひとつは「中華風スープ」。普通に中華スープを作っていただき、最後に酢しょうがを入れるだけ。
そして「ピザトースト」。ピザソースの上に、酢しょうが小さじ1杯ぐらいをさっと乗せてチーズをかけるだけ。ピザソースのトマトの酸味と酢しょうがの相性がとても良く、チーズも合わさると味がまろやかになり美味しいそうですよ!

少しずつでも良いので毎日食べることで効果を発揮するそう。皆さんも酢しょうがを生活の一部にしてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP