ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5月セキュリティパッチを適用したNexus 6Pでファクトリーリセット防止機能が破られる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Root Junky の Tom 氏が 5 月の最新セキュリティパッチを適用した Nexus 6P で、Android のファクトリーリセット防止機能を回避して Nexus 6P を初期化する方法を発見しました。Android のファクトリーリセット防止機能とは、端末の「リセット」機能を利用して初期化を実行しても、ブート後のセットアップ時に Google アカウントによる認証をかけてそれをパスしないと初期化処理を完了させないようにすることです。これは、端末が盗まれた場合でも初期化されてその人のものにされることを防止します。同氏は先日にも Galaxy S7 edge で同様の回避手法を発見しており、今回の Nexus 6P では操作内容は若干違うものの、Google アカウントの認証前に Chrome ブラウザを起動することに成功。後は、Root Junky の WEB サイトで配布されている専用のアプリをインストールすることで、ファクトリーリセット防止機能を無効にすることができます。

■関連記事
Huawei P9がiFixitで分解、修理のしやすさは10段階中7と高い評価
タミヤ、レース大会検索やエントリーが可能なミニ四駆の公式アプリ「TAMIYA PASSPORT」をリリース
Moto G4のコードネームは「Athene」で、2GB RAM+16GB ROMモデルと3GB RAM + 32GB ROMモデルが存在

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP