ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅人必見!ゲストハウスとバックパッカーをオンラインでつなぐ「Comundu」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲストハウスは、とりわけ低予算で国内外を旅する“バックパッカー”たちに人気の高い、安価な宿泊施設を指す。

モバイルデバイスが普及した昨今、多くのバックパッカーが、旅先での情報収集や友人との連絡手段として、スマートフォンを日常的に利用している。

その一方、ゲストハウスでの情報共有は、いまだ黒板やチラシなどの“アナログ”なメディアが主流で、バックパッカーのデジタル化に十分に対応しきれていないのが現状だ。

・ゲストハウスと宿泊客をつなぐオンラインプラットフォーム

デンマークの首都コペンハーゲンで2015年4月にリリースされた「Comundu」は、ゲストハウスと宿泊客とをつなぐオンラインプラットフォーム。

ゲストハウスとその宿泊客のみがアクセスできるオンライン空間に、宿泊利用についての案内や、おすすめの観光スポット、地元のイベントなど、ローカルな情報を投稿できる機能を実装し、ゲストハウスから宿泊客へのオンラインでの情報共有をサポートしている。

宿泊客は、スマートフォンなどからゲストハウスのWiFiに接続すると、「Comundu」にログインできる仕組み。

ゲストハウスのオーナーやスタッフのみならず、宿泊客が自由に投稿・閲覧できるオンライン掲示板なども装備され、ゲストハウスを“ハブ”とした、バックパッカー同士の交流や情報交換の場としても活用されているという。

・ゲストハウスを“ハブ”とするバックパッカー同士の交流をオンラインでも実現

ゲストハウスは、宿泊料金の安さのみならず、オーナーやスタッフ、他の宿泊客とのオープンでフレンドリーな交流も魅力。

「Comundu」のようなゲストハウスに特化したオンラインコミュニケーションツールによって、オフラインのみならず、オンラインでも、ゲストハウスならではの出会いや交流が生まれていきそうだ。

Comundu

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP