ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クイーンズ大学の研究チーム、世界初のホログラフィック対応のフレキシブルスマートフォン「HoloFlex」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クイーンズ大学のヒューマンメディアラボは、世界初のホログラフィックに対応したフレキシブルなスマートフォン「HoloFlex」を開発したと発表しました。HoloFlex は、1,920 x 1,080 ピクセルのフレキシブル OLED ディスプレイを搭載しとり、X 軸と Y 軸方向に曲げることのできるスマートフォンです。HoloFlex は技術を実証するために製作されたスマートフォンだと思いますが、なんと、3 次元情報を含んだ画像を空間に投映することにより、2D オブジェクトを 3D 立体視できるホログラフィックに対応しています。ホログラフィックの導入により、ヘッドトラッキング機能や専用メガネ不要でスマートフォンに表示されるアプリの映像を立体視できるそうです。デモ動画では Angry Birds を 3D で楽しめるだけではなく、曲げるだけでスリングショットを発射できる曲げジェスチャーもサポートしていることを確認できます。

■関連記事
Samsung SM-T536の名称が「Galaxy Tab 4 Advanced」に決定
ASUS、5月30日にComputex 2016のプレスカンファレンスを開催、ZenFone 3を発表か?
Microsoft、OneDrive無料アカウントユーザーの「無料プランボーナス」と「カメラロールボーナス」の有効期限を8月11日に設定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP