ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Honor V8にはHuaweiブランド初のWQHDモデルもあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei ブランドのスマートフォンとしては初の WQHD 解像度(2,560 x 1,440 ピクセル)を採用した「KNT-AL20」が中国 工信部の認証を取得しました。KNT シリーズは Huawei が 5 月 10 日に発表する「Honor V8」で、既に認証を取得した KNT-AL10 / UL10 / TL10 はフル HD 解像度なのですが、KNT-AL20 だけは WQHD を採用しています。また、プロセッサのクロック周波数も 2.3GHz → 2.5GHz 駆動に引き上げられており、内蔵ストレージの容量も 64GB に増えています。Honor V8 の WQHD モデルはこの機種の最上位モデルになると推測されます。このほか、5.7 インチの液晶ディスプレイ、4GB RAM、背面に 1,200 万画素カメラ x2、前面に 800 万画素カメラ、3,400mAh バッテリーを搭載。筐体サイズは変わらず 157.00 × 77.60 × 7.75mm、質量は 170g です。Source : TENAA

■関連記事
Samsung、Gear Fit 2とGear IconXの製品画像を公式サイトに掲載
BlackBerry Privに追加された新機能「持ち上げて画面を復帰」のデモ動画
OnePlus 3(A3000)は5V / 4.0A充電に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP