体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏、ラングラー アンリミテッドで父さん「アウトドアの虎」になる!

▲道なき道を走り、そして場所なき場所でテント等を的確に設営し、連れの人々に温かいメシと寝床を提供する。……そんな男らしい(?)夢をかなえるための相棒が今、狙い目相場になってます!

▲道なき道を走り、そして場所なき場所でテント等を的確に設営し、連れの人々に温かいメシと寝床を提供する。……そんな男らしい(?)夢をかなえるための相棒が今、狙い目相場になってます!

初夏までにはラングラー アンリミテッドで「自主トレ」を開始したいが……

キャンプに行ってテントを設営し、自力で火をおこして豪快に青空料理をして……的な「男らしいアクティビティ」が不得手な筆者(40代・男)ですが、不得手なだけに強い憧れはあります。いつかは屈強なクロカン四駆を上手に駆って山奥へ行き、連れの人たちのために寝床と火と温かい食べ物を提供してあげられる男になりたい。そして、できることなら妙齢女子あるいは愛する我が子などから「キャーッ、ステキ!」とか言われたい……。

そんな願望をかなえるための道具の一つとして冒頭近くに挙げた「屈強なクロカン四駆」があるわけですが、なかでも最強レベルにステキな1台がいわゆるジープ、正確にいえばアメリカの現行ジープ ラングラーです。

さらにそのなかでも一番人気のアンリミテッド(5ドア仕様)を購入できたなら、何も言うことはありません。あとはそれに乗ってひたすら山道走行やテント設営、火おこしなどの「自主トレ」にこっそり励み、上手くなってきた頃にさも平然と人々を誘って山へ行き、「キャーッ、ステキ!」と言われるだけです。計画は完璧です。

しかし問題もあります。それは「ジープ ラングラー アンリミテッドの中古車は妙に高い」ということです。

▲ジープ ラングラー アンリミテッドは、07年3月に登場したJKこと現行ジープ ラングラーの5ドア/5人乗り仕様。ジープらしい悪路だけでなく都会でも絵になる1台として高い人気を誇っている

▲ジープ ラングラー アンリミテッドは、07年3月に登場したJKこと現行ジープ ラングラーの5ドア/5人乗り仕様。ジープらしい悪路だけでなく都会でも絵になる1台として高い人気を誇っている

▲写真は前期型アンリミテッドのインパネまわり。最新の16年モデルはかなりゴージャス志向の内装デザインに変更されているが、この頃の内装は往年のジープの味わいが残るテイストだ

▲写真は前期型アンリミテッドのインパネまわり。最新の16年モデルはかなりゴージャス志向の内装デザインに変更されているが、この頃の内装は往年のジープの味わいが残るテイストだ

長らく続いた謎の強気相場も今年3月、ついに陥落

JKこと現行ジープ ラングラーが登場したのは07年3月のことで、売れ筋の「アンリミテッド スポーツ」は当時の新車価格で379万円。ということは、3年か4年も待てば中古車相場はおおむね200万円台半ばぐらいに落ち着くのが普通ですから、筆者はその時を虎視眈々と狙っていました。

しかしアンリミテッドの中古車相場はなかなか下がりません。空冷ポルシェ 911のように「逆に上がる」という現象こそありませんでしたが、いつまでたってもアンリミテッド スポーツはおおむね300万円以上をキープ。上級グレードのアンリミテッド サハラに至っては400万円近くです。

その後も相場ウォッチを続けた筆者ですが、本当につい数ヵ月前まで、ラングラー アンリミテッド前期型の中古車相場はそんな状況であり続けました。となれば当然「……ダメだこりゃ、あきらめよう」となるのが人情ですから、ラングラーでキャンプに行き、人々から「キャーッ、ステキ!」と言われるという夢はこのところ、正直ほとんどあきらめていました。

しかし、ついに「時」は来たのです。

長らく300万円以上だった前期アンリミテッド スポーツの平均価格は3月上旬頃にガクンと大きく下がり、200万円台に突入。その後も反発を見せないまま200万円台をキープし続け、4月27日現在の平均価格は約290万円といったところ。そして実際の市場には車両価格250万円以下の物件がそこそこ数多く流通しています。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。